Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

ジュニアグランプリ2017 2戦目 オーストリア大会 女子フリー

女子FS

1位 アナスタシア・タラカノワ (ロシア) 130.00
2位 ウンス・リム (韓国) 121.55
3位 山下真瑚 (日本) 116.55
4位 アナスタシヤ・グバノワ (ロシア) 106.76
5位 スター・アンドリュース (アメリカ) 99.35
6位 岩野桃亜 (日本) 94.05
7位 アンジェリーナ・ファン (アメリカ) 92.42
8位 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (ドイツ) 90.61
9位 アニータ・オスルンド (スウェーデン) 89.82
10位 ポリーナ・ウスティンコワ (スイス) 89.05
11位 ロエナ・ヘンドリックス (ベルギー) 83.77
12位 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア) 82.20
13位 アレッシア・トルナーギ (イタリア) 78.63
14位 ジュリー・フレッチャー (フランス) 78.46
15位 クリステン・スポウルス (イギリス) 76.77
16位 ジユン・リー (韓国) 75.37
17位 シュテファニー・ペーゼンドルファー (オーストリア) 75.23
18位 グジデ・イルマク・バイール (トルコ) 73.23
19位 ラーラ・ロート (オーストリア) 71.57
20位 ゾフィア・シャラー (オーストリア) 67.33
21位 ユリア・ラング (ハンガリー) 66.65
22位 マヤ・ゴロニツキー (イスラエル) 63.91
23位 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (チェコ) 63.43
24位 ハナ・ツヴィヤノヴィッチ (クロアチア) 61.05
25位 サヤ・シェーペンス (オランダ) 53.72
26位 ヨセフィーネ・ケルスガールド (デンマーク) 49.94
27位 アメリア・サドラー (オーストラリア) 48.93
28位 マリアミ・メシュヴェリアニ (ジョージア) 47.07
29位 エリザヴェト・ムルダー=ストゥパキ (ギリシャ) 35.05

 

22 レア・ヨハナ・ダシュティヒ
3Lz2Tタケノコ 3F1Lo3S 3Lz 2A3T 3Lo 3Fタノfall 2A
後半のフリップが惜しかったです。安定してはいるんですけどPCSがなかなか伸びない。WSSは悲劇とはいえ楽しい曲なのでもう少し踊りにキレが出るといいんですけど…。

 

23 岩野桃亜
3F3T 3Lz 2A3T 2A 3Fso 3Lo2T2Lo 3S
ユーリャの愛はまごころみたいな衣装で星の王子様。スケーティングも良いですし、曲の演じ分けも素晴らしいので、これからが大いに期待できる選手なんですけど回転不足が…えぐいくらいに取られている…。スローで見ると目に見えるくらいのグリ降りでした。うーむ。PCSはそれなりに評価されているんですがね…。

 

24 アナスタシヤ・グバノワ
3Lz3T 3Lzfall 3Lo 2A 3F2T 2A 2S<<fall 
本当に美しい滑りをする選手なのに、ジャンプの空中姿勢など、技術に根本的な問題があるっぽいです。3Lz着氷後の3Tをつける前の手の動きも気になります。美しいジャンプも美しい演技のうちなので、問題のあるジャンプを見ると、ハッと元に世界に引き戻されてしまうんですね。本当に本当に勿体無い。現在エントリーもサブエントリーも外されてるので、次に見れるのはロシア国内戦でしょうか。

 

25 アニータ・オスルンド
3Lz 2F 3Lo 3T3Tso 2A1Lo 3S<< 2A1Lo3S
イェントルの「パパ、見守っていてください」。トゥルシンバエワのせかせかイェントルに慣れているのですが、動きはこのぐらいのが一番丁度良いんですよね。最後の最後に3連を綺麗にリカバリーする根性がすごい。しかもサードトリプルですよ。普通の選手ならダブルに抜けてましたもの。それだけ才能があるってことですよね。順調に育ってほしいな。

 

26 スター・アンドリュース
3A<<2ftot 3F3T 2A 1F 3Lz-2A 3S3T2Tタノ 3Lo2ft
白いキラキラの衣装がよく似合います。3Aを跳ぶのは予想していなかったのでびっくり。しかもダウングレードではあるものの転ばずに着氷。初挑戦でですよ。ホィットニーの歌声が若干BGMになっていましたが、ジュニアの選手なのでそこはご愛嬌。終盤の曲のクライマックスに3-3-2を入れてきました。多少の回転不足はありましたが、ものすごいポテンシャルを秘めている選手。彼女のこれからが本当に楽しみです。

 

27 ウンス・リム
3Lz3T 3F 2Ahand 3Lo 3Lz 3S2T2Lo 2A2T
非常にズンドコしてるダンスフロアミュージックですが、ウンスちゃんの場合は曲負け全然してないんですよ。小悪魔のような笑顔もそうですし、こういった表現が得意なんでしょうね。中盤のオブビリオンも素敵でした。体力が減っている終盤にテンポの速く激しいリベルタンゴなので、滑りが少し遅れていました。でも完成したらかなりの点数が出そう。しっかし昨季以上にスピードとジャンプの迫力がえげつねぇ…。

 

28 山下真瑚
3Lz3T2T 3F 3S 3Lz3T 2Afall 3Lo2T 2A
繊細で美しい蝶々夫人。真瑚ちゃんの伸びやかな滑りもよく活かされていると思います。昨季から表現面が大きく上達しましたね。これはお気に入りプログラムリスト入り決定ですわ。PCSはウンスちゃんより高いです。

 

29 アナスタシア・タラカノワ
3Lzタケノコ3T 3Lzタケノコ1Lo3S 3F2Tタノ 3Lo 3F 2A 2A
終盤に行くにつれ曲が盛り上がって行くプログラム。前半は、誰もいない戦場に風が吹いているような感じの静けさなんですけど、そこの表現にもっと磨きがかかれば素晴らしいプログラムに仕上がると思います。3連の後はもう彼女の舞台です。多少力任せというか、危なっかしさのある表現なんですけど、そこが後半の激しいパートに合っているんですよ。ロシアのジュニアでこんな、魂から叫び声をあげるような表現ができる子ははじめて見ました。とてもアグレッシブ、だがそれが最高にいい。

 

女子リザルト

1位 アナスタシア・タラカノワ (ロシア) 196.68
2位 ウンス・リム (韓国) 186.34
3位 山下真瑚 (日本) 181.04
4位 アナスタシヤ・グバノワ (ロシア) 160.75
5位 スター・アンドリュース (アメリカ) 159.28
6位 岩野桃亜 (日本) 147.99
7位 アニータ・オスルンド (スウェーデン) 144.78
8位 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (ドイツ) 140.77
9位 ロエナ・ヘンドリックス (ベルギー) 135.54
10位 アンジェリーナ・ファン (アメリカ) 134.10
11位 ポリーナ・ウスティンコワ (スイス) 133.56
12位 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア) 128.69
13位 クリステン・スポウルス (イギリス) 125.31
14位 アレッシア・トルナーギ (イタリア) 124.51
15位 ジュリー・フレッチャー (フランス) 120.96
16位 シュテファニー・ペーゼンドルファー (オーストリア) 117.92
17位 ラーラ・ロート (オーストリア) 113.05
18位  ジユン・リー (韓国) 112.03
19位 ゾフィア・シャラー (オーストリア) 111.94
20位 グジデ・イルマク・バイール (トルコ) 111.72
21位 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (チェコ) 106.88
22位 ユリア・ラング (ハンガリー) 103.56
23位 マヤ・ゴロニツキー (イスラエル) 103.31
24位 サヤ・シェーペンス (オランダ) 90.63
25位 ハナ・ツヴィヤノヴィッチ (クロアチア) 89.80
26位 ヨセフィーネ・ケルスガールド (デンマーク) 83.34
27位 マリアミ・メシュヴェリアニ (ジョージア) 80.95
28位 アメリア・サドラー (オーストラリア) 76.35
29位 エリザヴェト・ムルダー=ストゥパキ (ギリシャ) 56.07

タラちゃんが優勝、ウンスちゃんが2位、真瑚ちゃんが3位です。たん様はなんとか順位を4位に上げました。スターちゃんも桃亜ちゃんも大健闘です。ウンスちゃんはロシアだらけのJGPF阻止要員になれるのか。それとも本当にロシアだらけのJGPFが実現するのか。次戦は我らが紀平さんが出場しますぞ。

 

 

オンドレイネペラトロフィー2017 エントリー

デスマーチが始まるぜ

 

男子

1 スラヴィク・ハイラペチャン (アルメニア)
2 ブレンダン・ケリー (オーストラリア)
3 アルベルト・ミュック (オーストリア)
4 ニコラ・ナドゥー (カナダ)
5 チーイー・ツァオ (台湾)
6 ヤン・クルニク (チェコ)
7 シャフィク・ベセギエ (フランス)
8 アレクサンドル・マシュリャンコ (ハンガリー)
9 マルコ・ザンドロン (イタリア)
10 日野龍樹 (日本)
11 田中刑事 (日本)
12 ジンソ・キム (韓国)
13 ミハイル・コリヤダ (ロシア)
14 アレクサンドル・サマリン (ロシア)
15 セルゲイ・ヴォロノフ (ロシア)
16 マルコ・クレポク (スロバキア)
17 ヤクブ・クルシュナク (スロバキア)
18 ミハエル・ノイマン (スロバキア)
19 ルーカス・ブリチュギ (スイス)
20 エンギン・アリ・アルタン (トルコ)
21 ブラク・デミルボガ (トルコ)
22 イヴァン・パヴロフ (ウクライナ)
23 グラント・ホックスタイン (アメリカ)

日野くんとデカが登場。彼らはコリヤダ、サマリン、ヴォロノフのロシアン3人とホックスタインに勝てるかが見どころでしょうか。ジーマが怪我でOUTしましたがクワドルッツァーのコリヤダがいます。日野くんもデカも安定した演技を披露すれば表彰台に乗れるでしょう。そう言えばホックスタインはフィアンセのキャロと一緒ですね。

 

女子

1 カイラニ・クレイン (オーストラリア)
2 ラーラ・ロート (オーストリア)
3 ラーキン・オーストマン (カナダ)
4 エリシュカ・ブレジノワ (チェコ)
5 アニタ・ヤニシュコワ (チェコ)
6 ダニエル・ハリソン (イギリス)
7 ケイティ・パウェル (イギリス)
8 カーリー・ロバートソン (イギリス)
9 本郷理華 (日本)
10 ディアナ・ニキティナ (ラトビア)
11 ダビン・チョイ (韓国)
12 ソヨン・ユン (韓国)
13 アリョーナ・レオノワ (ロシア)
14 エフゲニア・メドベージェワ (ロシア)
15 エレーナ・ラジオノワ (ロシア)
16 セシリアーヌ・メイリン・ハルトマン (シンガポール)
17 エマ・ガバニオワ (スロバキア)
18 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア)
19 ニーナ・レテナヨワ (スロバキア)
20 ニコル・ライチョワ (スロバキア)
21 ビルス・アタベイ (トルコ)
22 シラ・サイギ (トルコ)
23 アナスタシア・ゴジュワ (ウクライナ)
24 キャロライン・ジャン (アメリカ)

とりあえずまずメドベージェワさん世界女王のあなたが何故ネペラに?日本からは理華ちゃんが出場しています。他のロシアンはレーナとレオノワグレイシーはシーズン前半休養ということで欠場。アメ女はフィアンセと一緒のキャロのみとなりました。ダビンもいるぞ。そしてわたしのゴジュワちゃんがシニアの試合にあああああ!!!オーストリアのラーラさんJGP含めいろんな試合に出てるけど連戦で疲れません?

 

ペア

1 ナターシャ・プリッチ/ダヴィン・ポーツ (カナダ)
2 クリスティーナ・アスタホワ/アレクセイ・ロゴノフ (ロシア)
3 アリサ・エフィモワ/アレクサンドル・コロヴィン (ロシア)
4 ナターリア・ザビヤコ/アレクサンドル・エンベルト (ロシア)
5 ジェシカ・ファンド/ジョシュア・サンティラン (アメリカ)
6 エリカ・スミス/エージェイ・レイス (アメリカ)

出場選手少ないけど大丈夫ですかね?ロシアがフルパワーで来ました。そのまま表彰台独占しそう。

 

アイスダンス

1 キンバリー・ヒュー=ロー/ティモシー・マッカーナン (オーストラリア)
2 ヴィクトリア・カヴァリオワ/ユーリイ・ビェリャエフ (ベラルーシ)
3 コートニー・マンソール/ミハル・チェスカ (チェコ)
4 アンジェリーク・アバチキナ/ルイ・トーロン (フランス)
5 シャーリ・コッフ/クリスティアン・ニュヒタン (ドイツ)
6 ロビン・トゥイーデール/ジョセフ・バックランド (イギリス)
7 オウレリヤ・イポリタ/マーコム・ジョーンズ (ラトビア)
8 オルガ・ヤクシナ/アンドレイ・ネフスキー (ラトビア)
9 アリソン・リード/サウリウス・アンブルレヴィシウス (リトアニア)
10 ユラ・ミン/アレクサンドル・ガメリン (韓国)
11 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ (ロシア)
12 べティナ・ポポワ/セルゲイ・モズゴフ (ロシア)
13 ユリヤ・ジャタ/ヤン・ルコウスキ (ウクライナ)
14 レイチェル・パーソンズ/マイケル・パーソンズ (アメリカ)

うわあああああジュニアで見たカップルがいっぱいだーーと思ったら3組しかいなかった。アンルイスとパーソンズとポポモズ。圧倒的優勝候補はボブソロです。リード姉弟の末妹アリソン・リードさんとサウリウスさんのカップルも出場しています。サウリウスさんの名前がどうやって発音されるか気になるね。

 

今週はオータムクラシックとジュニアグランプリもあるんやで…

ジュニアグランプリ2017 2戦目 オーストリア大会 男子フリー

男子FS

1位 キャンデン・プルキネン (アメリカ) 137.46
2位 イーゴリ・ムラショフ (ロシア) 132.78
3位リュク・エコノミデ (フランス) 124.71
4位 マーク・ゴロニツキー (イスラエル) 120.62
5位 エフゲニー・セメネンコ (ロシア) 120.20
6位 バシャール・オクタル (トルコ) 117.16
7位 コンラッド・オーゼル (カナダ) 114.51
8位 ニカ・エガジェ (ジョージア) 113.96
9位 ニク・フォリーニ (イタリア) 112.79
10位 ラデク・ヤクブカ (チェコ) 111.56
11位 三宅星南 (日本) 110.91
12位 ライアン・ダンク (アメリカ) 109.86
13位 ヨナタン・ヘス (ドイツ) 109.21
14位 ギョンヒョン・アン (韓国) 102.56
15位 イヴァン・シュムラトコ (ウクライナ) 99.31 
16位 ルーク・マイヤーホーファー (オーストリア) 98.82
17位 ヌルラ・サハカ (スイス) 95.90
18位 マテ・ボロジュ (ハンガリー) 85.66
19位 チャールズ・ヘンリー・カタノヴィッチ (クロアチア) 82.72
20位 ニコライ・モルガールド・ペデルセン (デンマーク) 73.08
21位 アントン・スコフィッチ (オーストリア) 51.48

 

6 ヌルラ・サハカ
3Ashaky 3Lz2ft 3Lzfall 3Lo 3S2T 3Thand 3S1Lo2S 2Aso
3Aは踏切の時点で少しスリップしてました。ジャンプがなかなか決まらず。彼はスケーティングもいい方だと思いますし、演技派なので本来ならもっとPCSがもらえるんですけど、ジャンプが決まらないうちは厳しそうです。もっと評価されるべき。

 

7 イーゴリ・ムラショフ
3A堪 2A 3Lz3T 3Lz2T2Lo 3F 3S 3Lo3T 2A
いつぞやのサモヒンくんを思い出します。謎編曲。さすがロシア。カジュアルなプログラムで本人も気怠げな演技をしたり、踊るときはノリノリでいいと思うんですがね、コンボの時の「よーし、セカンド行っくぜー!!」感が無くなれば尚良し。132点来ました。

 

10 ルーク・マイヤーホーファー
2A 3Lz2Tタノ 3Lzso 3F1Lo2F 3Lofall 2Fタノ 3Lo2T
前半の動きは良かったと思います。ルークくんの構成を見てわたしはあることに気が付きました。3Tと3Sがない。本人が苦手なのでしょうか?前半クラシックっぽい曲なのに後半リベルタンゴ。愛すべきユーロ編曲。後半はバテバテで最後のキャメルスピンはノーカン扱い。うむむ。

 

12 エフゲニー・セメネンコ
3A<<fall 2A3T 3Lz 3Lz3T2Lo 3F 3Lo 3S2T 2A
ドンファン来たー。3Aはあともう少しというところでスリップして転倒。14歳なのにナイスチャレンジ。ジャンプの着氷姿勢が前のめりになっていて、もう少し良くなれば良いんですけどね…表現面は光るものがあると思います。堂々としていて、目つきも鋭くて、動きもビシッと決まっていて、曲にも良く合っています。大きくなったらまた変わるかも。

 

14 マーク・ゴロニツキー
2A美 3F2T 3Lz3T 3Lo 3Lz 3Shand 3F 2A1Lo2F
マークくん…演技がとてもマチュアに…。PCSはあと少しで6点台です。若干曲負けはしていたけど、ジャンプのタイミングも音楽に合っていて良かったと思います。ここでまとめてきたのはすごいぞ。120点台来ましたよ。

 

フォリーニくんのロミジュリ、『ロミオ、ダンスフロアで死す』みたいなプログラム。

 

16 ライアン・ダンク
3Lz堪 2A 3Lo 3S 3Tso 3F 3Lzhand 3Lo2Tshaky
この曲で滑ってると動きに若干のミーシャらしさを感じます。美しい。ジャンプ着氷時の腕や指先が素晴らしい。エレガントな動きが多いんですけど、詰め込んだ感も否めません。そのせいでプログラムの流れが止まってしまうことがありました。

 

17 コンラッド・オーゼル
3A 4Tfall 3A2T 3Lo2ft 2T3T 2A1Lo3S 3Lz
ジャンプのオーゼルくんにかかればカナディアンアクセルなんて敵じゃないのさ。あばばキャメルスピンががが。演技が棒っぽかったな、という印象。ピアノレッスンは表現が試される曲ですが、昨季とあまり変わっていないように見えました。

 

18 三宅星南
3A 3Lz 2Ashaky 1Lz 3Lo 3Lz3Tfall 3Sshaky 2A
骨折していた中で3Aを決められたのは凄い。ジャンプはやはりミスが多かったですが、最後まで頑張りました。完成したら素晴らしいプログラムになると思うので、しっかり怪我を治して全日本ジュニアに挑んでほしいです。

 

19 キャンデン・プルキネン
3Lz1Lo3S 3Ashaky 3F3T 3Aot2T 2A美 3Lo 3F 2A
ショパンメドレー。編曲は多少無理矢理感があれど、演技自体は良かったと思います。ステップやトランジションが美しい。ジャンプミスは3A2つの着氷の乱れのみ。137点出ましたよー!

 

20 リュク・エコノミデ
3Aot 3Lz1Lo 3Lo堪 3S3Tso 3Lz1Lo2Sso 3F 2A2T 2A
とても…アモディオです。最後のステップで踊り狂うところとかまさにアモディオ。冒頭のルッツからの3連のつもりがフェンスに激突しそうになってしまい、コンビネーションが4回になってしまいました。多少ミスはあれども、上手くまとめてきたと思います。ただしコンボの跳びすぎにはご用心。

 

21 バシャール・オクタル
3Afall 3Lzot2T 3F3Tso 3Lz堪 3Lo2T2Lofall 3S 3F 2A
SPはリショーの振り付けをモノにしていたのですが、FSではジャンプばかりで振り付けに意識が回っていなかったように見えました。滑り込んだら良くなっていくと思います。
トルコの選手がJGP4位ですよ!!去年はもっと下の順位だったのに、次戦2位以上だったらファイナルに行ける順位ですよ!!なんという急成長っぷり。次も頑張れバシャールくん。

 

男子リザルト

1位 キャンデン・プルキネン (アメリカ) 203.80
2位 リュク・エコノミデ (フランス) 190.59
3位 イーゴリ・ムラショフ (ロシア) 186.76
4位 バシャール・オクタル (トルコ) 181.43
5位 マーク・ゴロニツキー (イスラエル) 177.19
6位 エフゲニー・セメネンコ (ロシア) 175.80
7位 コンラッド・オーゼル (カナダ) 172.24
8位 三宅星南 (日本) 172.69
9位 ライアン・ダンク (アメリカ) 170.71
10位 ニク・フォリーニ (イタリア) 169.49
11位  ラデク・ヤクブカ (チェコ) 167.34
12位  ヨナタン・ヘス (ドイツ) 166.55
13位 ニカ・エガジェ (ジョージア) 160.52
14位 ルーク・マイヤーホーファー (オーストリア) 153.00
15位 イヴァン・シュムラトコ (ウクライナ) 152.69
16位 ヌルラ・サハカ (スイス) 150.92
17位 ギョンヒョン・アン (韓国) 146.86
18位 チャールズ・ヘンリー・カタノヴィッチ (クロアチア) 124.26
19位  マテ・ボロジュ (ハンガリー) 120.76
20位 ニコライ・モルガールド・ペデルセン (デンマーク) 111.81
21位 アントン・スコフィッチ (オーストリア) 87.38 

プルキネンが優勝、エコノミデが2位、ムラショフが大逆転の3位。バシャールくんやマークくんも大健闘。三宅くんも怪我の中本当に頑張りました。プルキネン、エコノミデ、バシャールくんなど昨季下位の方にいた選手が今期になって一気に順位を上げてきた大会です。ファイナルの顔ぶれがどんな感じになるのか今から楽しみです。

ジュニアグランプリ2017 2戦目 オーストリア大会 フリーダンス

アイスダンス FD

1位 クリスティーナ・カレイラ/アンソニー・ポノマレンコ (アメリカ) 87.57
2位 クセニア・コンキナ/グリゴリー・ヤクシェフ (ロシア) 85.17
3位 エフゲニヤ・ロパレワ/アレクセイ・カルプショフ (ロシア) 76.31
4位 ナターシャ・ラグージュ/コレンティン・ライエー (フランス) 72.64
5位 アシュリン・ステアーズ/リー・ロイヤー (カナダ) 70.58
6位 シラ・イチロフ/ヴァディム・ダヴィドヴィッチ (イスラエル) 67.67
7位 オリガ・ギグラワ/イーゴリ・イゴロフ (ウクライナ) 61.67
8位 イザベラ・アモイア/ルカ・ベッカー (アメリカ) 59.72
9位 エミリー・ローズ・ブラウン/ジェームズ・ヘルナンデス (イギリス) 58.67
10位 アデリーナ・ズヴェズドワ/ウラジーミル・ザイツァウ (ベラルーシ) 55.09
11位 ナタリー・タシュレロワ/フィリップ・タシュラー (チェコ) 53.19
12位 ラーラ・ルフト/アザフ・カジモフ (ドイツ) 52.97
13位 オレクサンドラ・ボリソワ/シザリー・ザワツキー (ポーランド) 52.82
14位 イリーナ・ガリヤノワ/トミー・タン (カナダ) 49.56
15位 マリー・ドゥパヤージュ/トーマス・ナバー (フランス) 49.51
16位 ヴィル・マートン/ダニール・セムコ 44.20

イスラエル組の女性の衣装が真央ちゃんのリチュアルダンスだ

 

11 ステアーズ/ロイヤー
一昔前の時代からやって来たようです。音楽のチョイスはあまりよくわかりませんでした。最後のリフトは勢いをつけすぎて失敗…でしょうか?

 

13 コンキナ/ヤクシェフ
スピード感が違いますね。何というか…重力を感じない滑りです。女性が高身長&脚長なのでリフトが映えます。ツイズルもとても上手。女性が深海に沈んだ海賊船からやって来たような感じで、男性はしがない漁師…のように見えます。あっという間に終わった。コンヤク組はこの試合が初めてですがすんげえ…おそロシア…。

 

14 ロパレワ/カルプショフ
ヘーイキチキチ!ヨイヨイ!ヨイヨイ!コミカルで楽しいラテン(?)の民族舞踊。CiSt以外は高い加点が付いていますが、PCSは上位2組と比べると低め。コンヤクはえげつないスピードでしたからね…。

 

15 ラグージュ/ライエー
おフランスクオリティのオシャレ衣装。素晴らしきスカート。前半タンゴ、途中謎のクラッシュ音。事故った?と思ったら優雅にワルツ。終盤謎のシャッター音。これはパパラッチから逃げろということ?うーむよくわからん。でも好き。最後のツイズル勿体無い…。

 

16 カレイラ/ポノマレンコ
ウォリスとエドワード。女性の衣装が素敵なのに男性は私服です。ナタコレみたいに凝ればいいのに。ピアノがチャララチャララってってやるところのツイズルがイイね。スピンとても美しい。これもあっという間に終わってしまった。素敵なプログラムだと思います。

 

アイスダンス リザルト

1位 クリスティーナ・カレイラ/アンソニー・ポノマレンコ (アメリカ) 145.39
2位 クセニア・コンキナ/グリゴリー・ヤクシェフ (ロシア) 139.80
3位  ナターシャ・ラグージュ/コレンティン・ライエー (フランス) 129.90
4位 エフゲニヤ・ロパレワ/アレクセイ・カルプショフ (ロシア) 129.17
5位 アシュリン・ステアーズ/リー・ロイヤー (カナダ) 121.71
6位 シラ・イチロフ/ヴァディム・ダヴィドヴィッチ (イスラエル)  114.15
7位 オリガ・ギグラワ/イーゴリ・イゴロフ (ウクライナ) 108.59
8位 イザベラ・アモイア/ルカ・ベッカー (アメリカ) 105.45
9位 イリーナ・ガリヤノワ/トミー・タン (カナダ) 96.22
10位 アデリーナ・ズヴェズドワ/ウラジーミル・ザイツァウ (ベラルーシ) 93.75
11位 エミリー・ローズ・ブラウン/ジェームズ・ヘルナンデス (イギリス) 93.57
12位 オレクサンドラ・ボリソワ/シザリー・ザワツキー (ポーランド) 91.55
13位 ナタリー・タシュレロワ/フィリップ・タシュラー (チェコ) 89.49
14位 マリー・ドゥパヤージュ/トーマス・ナバー (フランス) 86.73
15位 ヴィル・マートン/ダニール・セムコ 85.24
16位 ラーラ・ルフト/アザフ・カジモフ (ドイツ) 82.48

カレポノが優勝。2位にはコンヤク、3位にナタコレです。
今季の上手いやつらのうち4組はポリヴァク、ラジラガ、カレポノ、コンヤクでしょうか。わたしの好きなナタコレは次戦で2位以上じゃないとファイナルは厳しいです。

ロンバルディアトロフィー2017 エントリー

世界選手権かな?

 

男子

1 ブレンダン・ケリー (AUS)
2 ジェームズ・ミン (AUS)
3 サムエル・コッペル (EST)
4 アレクサンドル・セレフコ (EST)
5 ダニール・ズラフ (EST)
6 ヴァルター・ヴィタルネン (FIN)
7 ランドリー・ル・メイ (FRA)
8 アドリエン・テソン (FRA)
9 グレアム・ニューベリー (GBR)
10 イヴァン・リギーニ (ITA)
11 マッテオ・リッツォ (ITA)
12 マウリツィオ・ザンドロン (ITA)
13 佐藤洸彬 (JPN)
14 宇野昌磨 (JPN)
15 デニス・ヴァシリエフス (LAT)
16 ソンドレ・オドヴォル・ボエ (NOR)
17 アンドレイ・ラズキン (RUS)
18 アレクサンドル・ペトロフ (RUS)
19 マシュー・サミュエルス (RSA)
20 アレクサンドル・マヨロフ (SWE)
21 ティム・フーバー (SUI)
22 ステファン・ウォーカー (SUI)
23 ジェイソン・ブラウン (USA)
24 ジョーダン・メラー (USA)

多い。めちゃくちゃ多い。優勝は宇野くんvsペトロフvsジェイソンで争われそうですが、王子ラズキンの出方次第でもありますね。他にも表彰台争いに加わりそうな選手は美青年、リギーニさん、ラトデニ、マヨロフ、佐藤さん辺りですかね。佐藤さんはシニア選手としての国際舞台は初だそうなんですね。宇野くんは鬼構成なので大きなミスを立て続けにしなければ1位は取れそうですが、ジェイソンとペトロフくんが本格的にクワドを入れてくるっぽいのでどうなるのかわかりません。昨季3Aに覚醒したグレアムくんもいます。リッツォくんは調子次第というところでしょうか。セレフコ兄とちっちゃいものクラブ卒業したミンくんも出てるよ。

 

女子

1 アナスタシア・ガルスチャン (ARM)
2 ナタリー・クロッツ (AUT)
3 ラーラ・ロート (AUT)
4 マリカ・スチュワート (AUT)
5 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (CZE)
6 エリザヴェータ・ウコロワ (CZE)
7 ゲルリ・リーナマエ (EST)
8 クリスティーナ・シュクレタ=グリモワ (EST)
9 アネリー・ヴァヒ (EST)
10 エンミ・ペルトネン (FIN)
11 ジュリー・フレッチャー (FRA)
12 ロリーヌ・ルカヴェリエ (FRA)
13 サンドラ・ラモン (FRA)
14 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (GER)
15 ニーナ・ポヴェイ (GBR)
16 クリステン・スポウルス (GBR)
17 フラジーナ・メドジェーシ (HUN)
18 ミコル・クリスティーニ (ITA)
19 カロリーナ・コストナー (ITA)
20 樋口新葉 (JPN)
21 松田悠良 (JPN)
22 ロマーナ・カイザー (LIE)
23 アレクサンドラ・ゴロフキナ (LTU)
24 グレタ・モルキテ (LTU)
25 アンネリーネ・ヤシェム (NOR)
26 アリソン・クリステル・ペルティチェト (PHI)
27 ギョヒ・ジョン (KOR)
28 ナヒョン・キム (KOR)
29 エリザヴェータ・トゥクタミシェワ (RUS)
30 アリーナ・ザギトワ (RUS)
31 アントニア・ドゥビニナ (SRB)
32 マティルダ・アルゴットション (SWE)
33 ヨシ・ヘルゲション (SWE)
34 ユーンミ・レーマン (SUI)
35タンヤ・オーデルマット (SUI)
36 ヤスミン・キミコ・ヤマダ (SUI)
37 アンバー・グレン (USA)
38 ブレイディ・テネル (USA)

めっちゃくちゃ多いなJGPかよ!いきなり新葉ちゃんとリーザとザギちゃんが見れます。ザギちゃんはいきなりハイスコア出すんですよね。知ってます。絶好調っぽいですもの。リーザもテススケでなかなかの好調。これは一つのミスが命取りになりそうです。悠良ちゃんは回転不足さえ改善されてれば表彰台も見えてくるでしょう。昨季覚醒のルカヴェリエさん、怪我明けのナヒョン、フィンランドイチオシのペルトネン、カロ様も出場。ガルスチャン、ジュリー、フラジーナ、ハンズリコワ、ダシュティヒなど、ジュニア時代から見て来た選手もたくさん。個人的にはリヒテンシュタインのロマーナ・カイザーさんが気になります。

 

ペア

1 ミリアム・ジーグラー/セヴァリン・キーファー (AUT)
2 アナ・ドゥシュコヴァー/マルティン・ビダージュ (CZE)
3 ダリア・ベクレミシェワ/マーク・マジャール (HUN)
4 ニコル・デラモニカ/マッテオ・ガリーセ (ITA)
5 レベッカ・ギラルディ/フィリッポ・アンブロシーニ (ITA)
6 ヴァレンティーナ・マルケイ/オンドレイ・ホタレク (ITA)
7 アリサ・エフィモワ/アレクサンドル・コロヴィン (RUS)
8 ナタリア・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト (RUS)
9 ラウラ・バケーロ/アリツ・マエストゥ (ESP)
10 アシュリー・ケイン/ティモシー・ルデュク (USA)

イタリアがつよいやつらをぶっ込んで来ました。チェコからドゥスビダ、ロシアからはザビエン、アメリカからはアシュリー&ティモシーもいます。ううむ、読めない…。

 

アイスダンス

1 ヴィクトリア・セメンユク/アルトゥール・グルジェフ (EST)
2 セシリア・テルン/ジュシヴィル・パルタネン (FIN)
3 ユーリア・トゥルッキラ/マティアス・ヴェルスルイス (FIN)
4 アデリナ・ガラヤヴィエワ/ローレン・アベカシス (FRA)
5 ライラ・フィアー/ルイス・ギブソン (GBR)
6 シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファブリ (ITA)
7 ジャスミン・テッサリ/フランチェスコ・フィオレッティ (ITA)
8 深瀬理香子/立野在 (JPN)
9 小松原美里/ティモシー・コレト (JPN)
10 アッラ・ロボダ/パーヴェル・ドロースト (RUS)
11 ルシエ・ミスリヴェチコワ/ルカス・ショレイ (SVK)
12 ヴィクトリア・マニ/カルロ・レトリスベルガー (SUI)
13 アレクサンドラ・ナザロワ/マクシム・ニキーチン (UKR)
14 エリアナ・ポグレビンスキー/アレックス・ブノワ (USA) 

カペラノがアンナさんの怪我で棄権となり、イタリアからはギニャファブとテッサリ&フィオレッティ組のみに。日本からはりかあると新婚ホヤホヤのチームココ。ロシアからはシニアデビューのロボドロがいますがアイスダンスのジュニア上がりの選手って他のシニア選手に弾かれやすいっぽいんですよね…。どうなるでしょう。アメリカからはポグブノが出場。補欠にはマクカーやパーソンズも。

USクラシック2017 エントリー

イェーイ!!今シーズンもCSドッズ祭りが始まるぞ!!

 

男子

1 アンドリュー・ドッズ (AUS)
2 ジョーダン・ドッズ (AUS)
3 リアム・フィルス (CAN)
4 ベネット・トマン (CAN)
5 チーシェン・チャン (TPE)
6 ミハル・ブレジナ (CZE)
7 ダニエル・サモヒン (ISR)
8 無良崇人 (JPN)
9 友野一希 (JPN)
10 ヤロスラフ・パニョット (UKR)
11 マックス・アーロン (USA)
12 ネイサン・チェン (USA)
13 ティモシー・ドレンスキー (USA)
14 ショーン・ラビット (USA)

♪USクラシックから~ミハル~そしてサモヒン~そしてネイサン~そしてパニョット~~(メロディはご想像にお任せします) はい、完全に私得です。日本からは無良さんと友野くん。私は無良さんの復刻オペラ座が楽しみです。友野くんはSPが新境地だそうですが、サマーカップから今回までどう仕上がったのか気になります。アーロンは遂にまともな衣装とコレオのプロを滑るのか。でもおかしな衣装とコレオがアーロンの胡麻味だからそのままでも良かったりする。フィルスさん、ドレンスキーさんはもちろん、日本のスケオタ界でもお馴染みのラビットさんもいるよ。

 

女子

1 ブルックリー・ハン (AUS)
2 ミシェル・ロング (CAN)
3 アリシア・ピノー (CAN)
4 エイミー・ブカナン (ISR)
本田真凜 (JPN)
6 坂本花織 (JPN)
7 マライア・ベル (USA)
8 カレン・チェン (USA)
ミライ・ナガス (USA)
10 ペイジ・ライドバーグ (USA)

おお…これぞ…日米対決…!真凜ちゃんと花織ちゃんのシニアデビューコンビを待ち受けるのは全米女王カレン、3A装備未来ちゃん、昨シーズンブレイクのマライア!ペイジは2シーズン、いや3シーズン前の世界ジュニアかJGP以来です。

 

ペア

1 パリス・ステフェンス/マシュー・ドッズ (AUS)
2 シドニー・コロジエイ/マクシム・デシャムプス (CAN)
3 カーステン・ムーア=タワーズ/マイケル・マリナロ (CAN)
4 ペイジ・コナーズ/エフゲニー・クラスノポルスキー (ISR)
5 須藤澄玲/フランシス・ブードロー=オデ (日本)
6 ヘイヴン・デニー/ブランドン・フレイジャー (USA)
7 チェルシー・リウ/ブライアン・ジョンソン (USA)
8 アレクサ・シメカ・クニエリム/クリス・クニエリム (USA)
9 ディアナ・ステッラト/ネイサン・バーソロメイ (USA)

クラスノポルスキーってクラスのジョンならぬクラスのポーランド人ってこと?(違う) 日本からはすみオデが登場。強いのはデニフレとシメクニあたりですが、演技次第で上位は狙えると思いますよ。

 

アイスダンス

1 ティナ・ガラべディアン/サイモン・プルー=セネカル (ARM)
2 キャロレーヌ・スーシス/シェイン・フィルス (CAN)
3 ロレンス・フルニエ・ボードリー/ニコライ・ソレンセン (DEN)
4 アデル・タンコワ/ロナルド・ジルバーバーグ (ISR)
5 村元哉中/クリス・リード (JPN)
6 オリヴィア・スマート/アドリア・ディアス (ESP)
7 ジュリア・ビークラー/ダミアン・ドッジ (USA)
8 ケイトリン・ホワイエク/ジャン=リュック・ベイカー (USA)
9 マディソン・ハベル/ザッカリー・ダナヒュー (USA)

かなクリが登場。昨季は3位に入りましたが、今季はどうでしょう。ホワベイとハベドノが出ていますが、表彰台はフルソレと争うことになりそうです。わたしはホワベイ神プロ愛の夢が楽しみです。

 

 

ジュニアグランプリ2017 2戦目 オーストリア大会 女子ショート

女子SP

1位 アナスタシア・タラカノワ (ロシア) 66.68
2位 ウンス・リム (韓国) 64.79
3位 山下真瑚 (日本) 64.49 
4位 スター・アンドリュース (アメリカ) 59.93
5位 アニータ・オスルンド (スウェーデン) 54.96
6位 アナスタシヤ・グバノワ (ロシア) 53.99
7位 岩野桃亜 (日本) 53.94
8位 ロエナ・ヘンドリックス (ベルギー) 51.77
9位 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (ドイツ) 50.16
10位 クリステン・スポウルス (イギリス) 48.54
11位 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア) 46.69
12位 アレッシア・トルナーギ (イタリア) 45.88
13位 ゾフィア・シャラー (オーストリア) 44.61
14位 ポリーナ・ウスティンコワ (スイス) 44.51
15位 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (チェコ) 43.45
16位 シュテファニー・ペーゼンドルファー (オーストリア) 42.69
17位 ジュリー・フレッチャー (フランス) 42.50
18位 アンジェリーナ・ファン (アメリカ) 41.68
19位 ラーラ・ロート (オーストリア) 41.48
20位 マヤ・ゴロニツキー (イスラエル) 39.40
21位 グジデ・イルマク・バイール (トルコ) 38.49
22位 サヤ・シェーペンス (オランダ) 36.91
23位 ジユン・リー (韓国) 36.66
24位 ユリア・ラン (ハンガリー) 36.61
25位 マリアミ・メシュヴェリアニ (ジョージア) 33.88
26位 ヨセフィーネ・ケルスガールド (デンマーク) 33.40
27位 ハナ・ツヴィヤノヴィッチ (クロアチア) 28.75
28位 アメリア・サドラー (オーストラリア) 27.42
29位 エリザヴェト・ムルダー=ストゥパキ (ギリシャ) 21.02
棄権 ヒューチン・クォン (香港)

 

4 レア・ヨハナ・ダシュティヒ
3Fot3T 3Lz 2Aタケノコ
オーバーターンしても3Tをつけました。ララランドなのでもうちょっと楽しそうに踊れていたら良かったですね。後半では疲れも見えて来たので、いちばんノリノリに踊らないといけないステップではスピードが落ちていました。そこがPCSが伸びなかった原因でしょう。

 

8 アニータ・オスルンド
3Lzhd 3T3T 2A
昨季と同じカルメンファンタジー。ルッツが惜しかったですが、後半のジャンプは余裕を持って降りていました。技術面は良かったので、パフォーマンス面も伸びるようになるといいですね。

 

13 山下真瑚
3F高3T 3Lz美 2A
昨季のきれいなボヘミアンラプソディーをショートに持ち越し。昨季と比べて技術面はもちろん、PCS面でも大きな進歩が見られますね。ジャンプを着氷した後の滑りの伸びというか、流れが素晴らしいので見ていて気持ちがいいです。ジャンプも高くなったので、回転不足も取られにくくなると思います。

 

ハンガリーのユリア・ラングさん、かわいい衣装~と思ったら手袋仮面。

 

18 アンジェリーナ・ファン
3Fhd 2Afall 3Lzタノfall
めちゃ美少女じゃないですかー!トランジション面で工夫が多かったジャンプ構成ですがどれもミスしてしまいました。壮大な曲は合いそうな選手なので、ジャンプが決まりさえすれば高得点が狙えそうです。

 

20 スター・アンドリュース
3T3T高 3Lz 2A
ビヨンセのフィーバー。アピールが上手ですね。ステップでのスパイラルでバランスを崩したのが勿体無かったです。バネのあるジャンプを飛びますが、柔軟性もある、とてもバランスの取れた選手だと思います。育って欲しいー!

 

22 ウンス・リム
3F3T 3Lz美 2A
いや~~~~ものすごいスター性を感じます。ウンスちゃんのいいところをぎっしり詰め込んだかわいさMAXのプログラムですわ。演技冒頭の小悪魔スマイルから引き込まれます。ものすごいアピール力。昨季から大きく進化しましたね。演技もそうなんですけど、ステップやスピンも良くなってて、今季本格的にブレイクしそうですね。

 

25 ロエナ・ヘンドリックス
3Fタノso 2A高 3Lzタケノコ美
ジョリヘン妹のロエヘン。まだ17歳だったんですね……え……同い年…?!フリップ勿体無かったですが、ルッツはとてもきれいに決まりました。マドンナ、黒パンツ衣装、ストレートポニテ、それが振り回されるステップシークエンス、強さのあるダイナミックな滑り。これはかっこよさMAXの戦闘力高いプログラム。

 

26 岩野桃亜
3Lz美 3F<<3T<< 2A
噂になっていた岩野さんのことは今まで「表現力ねぇ…ジュニアでちょっと上手い子と同じくらいでしょ」と思っていたのですが…撤回します。すごい。これはすごいです。明子さんの振付を完全にモノにしています。冒頭から目力半端ないですし。曲がかかった瞬間の表情が変わった時から引き込まれる。ステップなんて鳥肌ものです。演技を見てここまでゾクゾクさせる選手はなかなかいません。しかもまだ13歳ですよ?!中学生とは思えないですよこれ。ただ、コンボはどちらもDG判定。ジャンプが課題ですかね…。

 

28 アナスタシヤ・グバノワ
2Ashaky 3F3Tfall 3Lzタケノコfall
グバノワたん様、一年見ないうちにすごく…大人になりましたね…。昨季はまだ妖精のようだったのに…ものすごく…大人…。お顔も大人になっていますがめちゃくちゃ綺麗。ディズニープリンセスみたいです。こんなに早く成長するとは思いませんでした。SSが別格。表現力も別格。レディのそれです。彼女はもうたん様じゃない。マドモアゼル・グバノワなんですよ。でもジャンプががが…成長期とメンタルの弱さのダブルパンチでしょうか…。

 

29 アナスタシア・タラカノワ
3F3T 3Lzタケノコ美 2Aタノ
ものすごくメドちゃんみを感じるプログラム。所作が完全にメドちゃんですよ。彼女のようにこなせているかは別として。最近エテリチームに入門した選手なんですね。メドベージェワーーというより爆竹が爆発しているような表現をする選手なので、アグレッシブさのある曲だとそれが活かせるんじゃないかなと思います。あと笑顔がコリヤダみたいでかわいい。

 

30 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ
3T3T高 2Lzタノ 2A
昨季と同じヒプチン。衣装はネオンオレンジからネオンピンクに。トリプルルッツ持ちではないので昨季より難易度が落ちてしまう形になります。それに加え滑り込んでいる持ち越しプロなので余裕のある表現が出来ていたと思います。にしてもPCS低いの何故だーその前に岩野さんとマドモアゼルとタラちゃんさんが滑ったからですかね?

 

ロシアアナスタシア多すぎ問題。ノービスではソフィア多すぎ問題。PCS面で見ごたえのある大会になりそうだぞ。