Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

ジュニアグランプリの衝撃

ジュニアグランプリが終わって、一週間が経ちました。終わった頃から試験やテストの山で、大学のこと等いろいろと忙しかったですが、ようやく落ち着いてブログを書くことが出来るようになりました。

今シーズンのジュニアグランプリでもいろんなことがありましたね。

 

フランス大会 シャトルバス事故
f:id:leisk8:20161020205213j:plain
とても悲しいニュースでしたね。選手が乗っていたシャトルバスが衝突した事故があり、タルシナちゃんとそのコーチ、ラトビアのクリュエワ選手が怪我をしてしまいました。タルシナちゃんは手術沙汰の大けがで、コーチも頭を強く打って事故当時の記憶が無いのだそう。7週間経った現在ではコーチの姿をロシア国内戦で見かけますし、タルシナちゃんもインスタに元気そうな写真をアップしています。クリュエワ選手に関しては情報が入っていませんが、元気になっていると良いですね。事故にあってしまった全員が一日でも早く回復することを願うばかりです。

 

美少年オンパレード
f:id:leisk8:20161020205230p:plain
f:id:leisk8:20161020205303p:plain
ジュニアグランプリならではですよね。シニアでは美青年とイケおじばかりですから。昨シーズンは高志郎くんがパレードの先頭に立っていましたが、今シーズンでは少年の面影を残しつつも美青年への道を歩んでいっているように見えました。しかし美少年はいつでも現れるのです。今シーズン、多くのかわいいこどもたちが出場する中、全私を震撼させた美少年達は鋼の胃袋の美少年イリヤ・スキルダくんとショタコン大量製造犯ダニエル・グラッスルくんです。スキルダくんは3Aやクワドを構成に入れていないのにファイナル出場を決め、グラッスルくんはビッグになりそうなポテンシャルを秘めながら爆弾レベルのあざといチャップリンを披露しました。そんなお二人にはベスト・オブ・美少年で賞を贈りたいと思います。おめでとうございます。

 

史上初の4回転ループ認定
f:id:leisk8:20161020205326p:plain
f:id:leisk8:20161020205346p:plain
羽生さんが決めるか、晶磨が決めるか、はたまたロシアのゴルシコフさんかという中で、遂に昨シーズンから挑戦していたクラスのジョンくんがやってくれました。手はついたものの、回転は足りていて認定。ファイナル行きも決まりキスクラでは大喜び。

 

史上7人目のトリプルアクセル成功
f:id:leisk8:20161020205407p:plain
世界中のスケオタの間で話題になった紀平梨花さん(14)。そんな彼女が遂にクリーンな3Aをスロバキア大会で決めてきました。女子でのトリプルアクセル成功者では伊藤みどりトーニャ・ハーディング中野友加里、リュドミラ・ネリディナ、浅田真央、エリザヴェータ・トゥクタミシェワに次いで7人目になります。ジュニアの大会での成功は真央ちゃん以来です。私も夜中までライストを見ていて、PC前で一人お祭り騒ぎしていました。

 

シャツ&ベスト多すぎ問題
f:id:leisk8:20161020212154p:plain
アイスダンスでは多くの男性がシャツ&ベスト衣装を着るという事態が発生しました。トップ選手に限らず、下位の方の選手もショートダンスではほとんどがシャツ&ベストでした。昨季は王子様衣装や軍人衣装が多かったり、ダンスの衣装は偏ることが多いそうなんですね。

 

あまりにもエモーショナル
f:id:leisk8:20161020210738p:plain
f:id:leisk8:20161020210916p:plain
フランス大会でSP3位だったケヴィン・エイモズさん。そのまま表彰台圏内をキープしようとはりきりすぎたのか、後半バテバテになりながらも「やったぜ!!!」と演技を終えましたが、本人にとってあまりにも納得しがたい点数と順位が出て、満面の笑みから一転、大泣きしました。とてもエモーショナルな性格なんですね。

 

ジュニアグランプリ横浜とかいう神大
f:id:leisk8:20161020210143p:plain
チケット代の3000円が全く無駄にならなかった素晴らしい大会でした。私は女子フリーを観戦しましたが、もう、生で見ると違いますね。最終グループの盛り上がりはものすごかったです。そして日本勢の表彰台スイープ。それももちろんだけど、何よりフィギュアスケートが盛んでない国での未来のホープを見つけることが出来たりして、近い将来が楽しみになってきた大会でした。男子もものすごかったですね。ジュンファン、ヴィンス、エロホフくんにロマンくん等のクワドオンパレード。インドの二人もすごくがんばってて見てるこっちも笑顔に。一生忘れない大会ですよ。

 

君、どうしてジュニアにいるの?
f:id:leisk8:20161020205429j:plain
シニアに行く予定だと聞いていたモストデンジャラスボーイのアレクサンドル・サマリンさんがなぜかジュニアグランプリに出場していました。滑りとかジャンプとかジュニアのそれじゃないのに。なぜだロシアスケ連。サマリンくん、ファイナルで見せつけておやり!

 

オージー初の快挙
f:id:leisk8:20161020205438j:plain
ペアのアレクサンドロフスカヤ&ウィンゾー組が歴史を塗り替えました。オーストラリア初のジュニアグランプリシリーズ、またISU主要国際大会優勝、という素晴らしい記録です。これからもがんばれオーストラリア。がんばれ南半球。

 

太鼓ドンドンおじさん現る
f:id:leisk8:20161020205454p:plain
ドイツ大会で、ドイツ選手や周辺国の選手が登場した時に太鼓をドンドコ叩くおじさんが会場にいらっしゃいました。オーストリアのマイヤーホーファーくんや、ドゥスビダ組などでもドンドコドンドン叩いていました。調べてみたら、ドイツのフィギュアスケートファンクラブがやってるんですね。ドイツで開催される国際試合によく出没するそうです。ネーベルホルン杯にもいたっけ。
f:id:leisk8:20161020210240p:plain
あとこの人達も

他にも、アモディオがキスクラにいたりウンスが日露大戦の間に割って入ってきたりなど、今シーズンのジュニアグランプリはびっくりがいっぱいでした。

f:id:leisk8:20161020210219p:plain