Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

グランプリシリーズ2016 1戦目 スケートアメリカ 女子ショート

ついにグランプリシリーズ始まったあああああ!!

 

女子SP

1位 アシュリー・ワグナー (アメリカ) 69.50
2位 三原舞依 (日本) 65.75
3位 グレイシー・ゴールド (アメリカ) 64.87
4位 ガブリエル・デールマン (カナダ) 64.49
5位 浅田真央 (日本) 64.47
6位 マライア・ベル (アメリカ) 60.92
7位 ソヨン・パク (韓国) 58.16
8位 セラフィマ・サハノヴィッチ (ロシア) 56.52
9位 ロベルタ・ロデギエーロ (イタリア) 52.62
10位 村上佳菜子 (日本) 47.84
11位 アンゲリーナ・クチヴァルスカ (ラトビア) 47.80

 

ユーリャが棄権して11選手だけになりました。古傷の炎症が原因のこと。お大事に。

 

1 アンゲリーナ・クチヴァルスカ
3T転倒 3S 2A
アデリーナ辺りが滑ってそうなプログラム。彼女の本来の実力ではありませんでした。こんなもんじゃないはず。トウループの転倒は高さが足りなかったせいかな。スピンの粗さも目立っていました。改善されるといいなー…。6番ジャッジが厳しめの評価。

 

2 セラフィマ・サハノヴィッチ
3Fso 3Lz2Tタノ 2A
ハチ公の映画のサントラを使っています。冒頭の振り付けが気になります。何を表現しているんだろう。フリップでタノらなかった。ステップがレベル2になっていました。昨季のSPではレベル4を取っていたことが多かったので、振り付けの問題かな。スピンの回転の速さは流石だけどジャンプが戻ってこないとロシア女子戦国時代を生き抜くのは厳しい。キスクラでは明るい感じで良かったけど…。コンポジション、インタープリテーション、スケーティングスキルはちゃんと評価されていました。8番ジャッジが厳しめ。

 

3 浅田真央
3A 3F2Lo 3Lo
かっこいいいいいい!!!すごいかっこいいいいい!!!!フィンランディア杯より勢いと流れがあって良かったです。3Aと3-3無しでこの点数はいい方ではないのでしょうか?正直、もっと出ると思っていましたがフリップが回転不足判定で、ステップもレベル3になっていました。おそらくフリップの場合は飛ぶ前に1/4回転していたように見えたので、それで厳しめのテクニカルパネルの人たちが刺したのかな。ステップについてはなんとも言えん。技術系に詳しい方たちからの詳細を待つのみです。アシュリーよりPCSは低いのにはびっくりしたけれど、滑走順の影響もあるかな。それにスケアメだし。うん。シーズン後半までには調整してくると思うので、PCSも上がってくると思う。楽しみです。

 

4 マライア・ベル
3Lz3T 3F 2A
マライアこんなにスタイル良かったっけ。脚がすごい長い。フレッシュさ、エネルギッシュさ、かわいさの中にセクシーさもあっていいですね。とてもキラキラしてます。今シーズンブレイクしそうじゃー!コンボのセカンドトウが回転不足で、レベルの取りこぼしもいくつかありましたが、完成したらとても素敵なプログラムになると思います。期待!

 

5 ソヨン・パク
3S3T 3Lo 2A
19歳になるので、大人のプログラムに挑戦してきましたね。コンボもなんとか決まった。全体的には初戦の方が良かったですが、今回のも悪い出来ではありませんでした。昨季は若手も出てくる中大丈夫かな、と思ったんですけど、今シーズンは3-3も装備してきて成績も伸びそう。60点来るかと思ったら、ループが回転不足判定されていて58点にとどまりました。でもPCSはいい評価を受けたと思います。今回みんなトランジションが厳しめだなー。

 

6 グレイシー・ゴールド
3Lz3T 3F転倒 2A
2年連続のタンゴですが、昨季とは違ってもっとダーティーな感じで行きたいってキャロルコーチか誰かが言っていたような。今見る限り、衣装以外はエル・チョクロと変わりないような気がしますが、全米ごろには化けてるんでしょうね。大人のねっとりした感じを表現するにはまず空手チョップ腕とステップの腕ブンブンが直らなければ…。一つ一つのエレメンツの質は良いから、まずはその点が線にならないといけませんね。フリップが惜しかったです。これまでのスケアメだと60後半は行っていたと思いますが、今回は真央ちゃんのちょっと上に来た感じですね。3-3も綺麗に決まったし。フリップはアテンションコール並びに回転不足で転倒したので1点あるかないかぐらいです。レベルも取りこぼしてるし、PCSも控えめだったので、たまたま今回のジャッジが厳しかっただけですね。

 

7 ロベルタ・ロデギエーロ
3T2T 3F 2Ashaky
ジョッソイマリーアー率の高さよ。ロベルタさんが得意そうなプログラムですが、彼女のベストではありませんでした。セカンドトウが抜けて、2Aとフライングシットスピンも良くなかった。ステップも一番かっこいいところであるはずなのに、頑張って動いてます感が出てていい評価ではなかったです。ここら辺のミスが改善されれば、PCSのトランジションももっと出ると思います。

 

8 村上佳菜子
3Fdf 3T3T 2A
なんだか自信がなさげでしたが、悪い出来ではありませんでした。ものすごい低い点数が出ましたが、転倒もしてないのにそこまで低いもんなのかな…と思いながらプロトコルを見たらフリップとコンボのセカンドトウがダウングレード、コンボのファーストジャンプは回転不足、更にレベルの取りこぼしが幾つかと。コンボはそこまで悪かったかなぁ…?レイバックスピンはビールマンをする予定が途中で手を離してしまってレベル4を取れなかったのかな。トランジションは仕方ないとして、インタープリテーションの低さは曲に対するジャッジの困惑が現れてるのかなぁ…。確かに最初のドンドコドンドコ言ってるところは私もよくわからなかった。

 

 

9 三原舞依
3Lz3T 2A 3Fshaky
すごい!!これで名前が世界中に知れ渡りましたね。MiharaとMiyaharaは似てるので外国で取っ替え引っ替えされそう。持ち越しのロンカプですが、更に進化していて凄かったです。ビュンビュン飛ばしてる。スケーティングは新葉ちゃんや花織ちゃんにも負けないくらいですね。フリップが惜しかったですが、それでも高い得点が出ました。キスクラかわいい。ステップでは、腕の使い方など、まだジュニアとシニアの壁が見えましたが、これから確実に良くなっていくと思います。PCSはシニアのGPデビュー戦にしてはとても評価されていました。SSがずば抜けて高い。トランジションはこれからですね。フリーも素敵なプログラムなので楽しみです。

 

10 ガブリエル・デールマン
3Lz3Tshaky 3F 2A美
胸元のキラキラはコブラ模様でした。ギャビー、今シーズンに入ってとても上手になった。北米特有の腕が空手チョップ感も改善されてきてる。コンボが惜しかったですけど、それ以外は上質でした。コンボのセカンドトウがダウングレード判定。これが綺麗に決まっていたら、68点以上は出ていたと思います。今大会唯一のオールレベル4。昨季の初戦とは比べ物にならないくらい進化しています。オリンピックに向けてのすごい気合いを感じる。PCSは全体的に高い評価。課題はトランジションかな。ジャンプ成功が躍進の鍵になってくると思うので、試合でいい結果を積み重ねれば、シーズン後半にはPCSが8点台にまで行ってるかも。頑張って欲しい。

 

11 アシュリー・ワグナー
3F3T 3Lo 2A
かっこいいいいいいいいい!!!こういう曲はエキシビションでよく使われるけど、アシュリーは一つの競技用プログラムとして成立させてきた。流石です。キレッキレでドヤッドヤのカッコいいプログラム。2Aの後のドヤドヤ足上げかっこいいいい。ホームアドバンテージもあって、70点台来るかと思ったら69点に収まりました。コンボのセカンドトウが回転不足、そしてレベル4が一つもありませんでした。PCSも地元にしてはあまり盛られていなかったので、全体的にジャッジングが厳しかったのかな。ステップの場合は、とてもカッコよかったんですけど、足元を見るとあまり動いていなかったり、失速していたのが原因かな。

 

アシュリーが2位と4点差をつけて1位、2位から5位は大混戦です。シニアデビューの舞依ちゃんが2位につけたのは凄いですね。フリー次第で逆転もできそう。ただ、下位との点差も少ないので、真央ちゃんやギャビーにも表彰台のチャンスは大いにあります。マライアは上位が大崩れしない限り表彰台は厳しそうですが、トップ5には食い込めるかも。佳菜子ちゃんはまた気持ちを切り替えてフリーに挑んで欲しいです。

 

今回はどの選手でもジャッジングが厳しかったですね。私がよく見る実況サイトで陰謀論者たちが騒ぎ出しそうですが、アメ勢ですら70点を超えていないのだから、ただ厳しいだけでフェアーだと思います。

さあ今夜はテレ朝の煽りと編集が見もの。オープニングはどうダサいのか。選手にはどんな異名がつけられるのか。アナウンサーはどんなポエムを言うのか。