Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

グランプリシリーズ2016 1戦目 スケートアメリカ 男子ショート

男子SP

1位 宇野昌磨 (日本) 89.15
2位 アダム・リッポン (アメリカ) 87,32
3位 ジェイソン・ブラウン (アメリカ) 85,75
4位 ナム・ニューエン (カナダ) 79.62
5位 セルゲイ・ヴォロノフ (ロシア) 78.68
6位 ティモシー・ドレンスキー (アメリカ) 77.59
7位 ヨリック・ヘンドリックス (ベルギー) 76.62
8位 ボーヤン・ジン (中国) 72.93
9位 ブレンダン・ケリー (オーストラリア) 71.62
10位 マキシム・コフトゥン (ロシア) 67.43

ボーヤンと小布団に一体何が

 

1 ブレンダン・ケリー
4T転倒 3Aなんとか 
なんだかんだGPS出てるじゃないですかオージー美青年。こりゃ…シンギンインザレインじゃないですか…今シーズン人気ね。キャメル苦手は相変わらずです。レベル1だとキツい。コンビネーションx2とシットx1にしよう。その方が点貰える。全体的には音楽に合った軽くて跳ねるような演技で良かったと思います。。ステップはもうちょっと加点貰えてても良かったかな、と思います。スケーティングスキルとコンポジションが高い評価。パフォーマンスももうちょっと出ても良かったかなとも思います。

 

2 ボーヤン・ジン
4Lz転倒 3Aso 4T転倒
誰だ君は…こんなにスケートが伸びて演技中に動き回るなんて…芋くさくないなんて…スピード感があるなんて…スピンとステップが上手だなんて…私の知ってるボーヤンじゃない…。ボーっとした顔でタンゴアモーレを滑ってたボーヤンじゃない…シニアの選手になったんだね…。ジャンプが決まらなかったのが残念でした。多分振り付けの方に集中してたのかも。ジャンプの前にもトランジションが入るようになりましたし。ステップもすごくかっこいい。ハイドロとか。ひええローリーすごい。PCSは、昨季の初戦と比べて大きく上達したことがわかります。去年は完璧だったSPでPCS36点。今回はミスだらけのSPでPCS37点。これ、完璧に演技してたら宇野くんの上に来ていたのかもしれません。ジャンプはフリーで決めてくると信じてる。衣装がとてもスパイダーでした。そして…ボーカルお前…ブーブレじゃないですか。スケオタはもうブーブレから逃れられないのか…。

 

3 ティモシー・ドレンスキー
3Lzタノ 3A 3F3Tdf
スケーティングがとても綺麗で一歩一歩とても伸びている印象。コンボのセカンドトウが惜しかった。ルッツはとても綺麗でした。スピンもとても上手ですね。トランジションやパフォーマンスに関してはボーヤンの方が良かったと思いましたが、彼はミスもしましたし、スケアメだからドレンスキーさんのPCSは妥当かと。インタープリテーションが最も高かったのには少しびっくり。てっきりSSが高評価かと。

 

4 セルゲイ・ヴォロノフ
4T転倒 3A 3Lo3T
ヴォロノフさんは変プロというか…変わった音楽のプロばかりを滑っている印象。正統派のオペラやらクラシックで滑ってるところ見たことない。クワドが惜しかったです。ステップを見る限り、まだそんなに滑り込めているわけでもない、と思いました。ドレンスキーさんよりPCSが0,01点低いです。ミスがあったしこんなもんかなぁ…。ヴォロノフさんは29歳でベテラン枠だし、これからクワドの種類と本数を増やすのは難しい気がするんだよなぁ。大技ジャンプ以外の技術でどれだけ得点を稼げるかがカギになってきそう。

 

5 ナム・ニューエン
4S3T 3A 3Lz 
おかえりナムくんのジャンプ。得点源が戻ってきたのはいいことじゃ。PCS要素はオリンピックシーズンまでに調整していけば大丈夫大丈夫。やっぱりこういうプログラムの方がナムくんにあっているし、本人も滑っていて楽しそう。技術面の課題はスピンかなぁ。シットスピンがノーカンになっている。でも他のスピンはきちんとレベルを取れていたので、取りこぼし&ノーカンが多かった昨季よりはだいぶ良くなりました。50年代のヤングがきてそうな手術服色のポロシャツ衣装。こりゃ…衣装(?)にカテゴライズされそうだ…。カナダのジュニアはまだキラキラの衣装なのにシニアに上がると普段着練習着っぽくなる呪いでもかかってるんですかね?

 

6 マキシム・コフトゥン
4S3T 2T 1A
Oh…小布団…こりゃ……こりゃあかんよ…。冒頭のコンボでうおおおおおってなった矢先ノーカンx2は…。表情もナーバスそうだし、やっぱりメンタルの問題だと思う…。バハムートって聞いて、ドラゴン系かっこいいプロ&衣装来るか…?!って思ったら…うん。普段着かな?ドラゴン要素どこいったの?まあ、曲がファンタジー系じゃないしいいとして…スウェット&ジーンズ衣装(?)は…うん。PCSの低さにもジャッジの困惑が現れてると思う。キスクラがお葬式になってる…。せめてフリーではミスを最小限に抑えて…。

 

7 ヨリック・ヘンドリックス
3A 3Lz3Tso 3Loshaky
動画がないと焦っていたら成る程。音楽が著作権対象だったのね。3A以外のジャンプがクリーンではありませんでした。インタープリテーションの評価がすごい。音楽ないとまともに感想書けないな。

 

8 ジェイソン・ブラウン
4T転倒 3A 3Lz3T
みんな大好き007来たよ。クワド惜しいいいあともうちょっとだったのにいいい…。でも回転は認定されてる。これは大きな収穫です。フィニッシュがいつぞやの1000円返しての時に似てる。シリアスめの曲なのにね。ダイスの笑顔で滑る彼を返してと同じものを感じた。何故かキャメルスピンがノーカンになってました。トラベリングしたと判断されたからでしょうか?でも今回ステップでレベル4を取ったのはジェイソンだけでした。それに3Aも大幅に良くなりました。スムーズで余裕があるようにも見えました。その調子です。

 

9 宇野昌磨
4Fshaky 4T3T転倒 3A
ラベンダー色の衣装素敵。フリップは着氷しましたが加点のもらえる出来ではありませんでした。コンボ惜しかったですね。このリンクには4Tが決まらない呪いでもかかってるのか。3Aもベストな質ではなかったです。でもそれ以外の要素は良かったように見えました。最後のスピンでアップライトポジションになって音楽に合わせて手を下げるところが好きです。GP初戦で悪い出来ではないと思います。PCSもTESも全体の1位です。さすが世界ランキング3位なだけがありますね。

 

10 アダム・リッポン
3F3T 3A 3Lzタケノコ
ジムのオネエインストラクターみたいな衣装。背中がシースルー…変態衣装界に新しい風が吹いて来た。お姉さんたちの黄色い歓声が響き渡る演技。ノーミス。素晴らしい。音楽もジムで流れてそう…。なるほど、アダムはジムのオネエインストラクターなのか。パフォーマンスとインタープリテーションが高いです。さすがアダムというところでしょうか。

 

宇野くんが1位、次にアダムとジェイソン。ナムくんは6点差をつけられていますが、ノーミスすれば3位狙えそう。ボーヤンはノーミス神演技+上位大崩れじゃないと表彰台が厳しいです。小布団はしっかりとした気持ちで自分に自信を持ってフリーに挑んで欲しいです。