Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

2017/2018シーズンのGPSアサイン スケートカナダ

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/series/isu-grand-prix-of-figure-skating

 

カナディアンが殺しにきてる

 

男子

ブレンダン・ケリー (AUS)
ヨリック・ヘンドリックス (BEL)
パトリック・チャン (CAN)
キーガン・メッシング (CAN)
TBD (CAN)
シャフィク・ベセギエ (FRA)
無良崇人 (JPN)
宇野昌磨 (JPN)
ジュンファン・チャ (KOR)
マキシム・コフトゥン (RUS)
アレクサンドル・サマリン (RUS)
ジェイソン・ブラウン (USA)

これまでスケカナでは羽生さんvsPさん対決第一ラウンドが行われていましたが、羽生さんは前大会のロステレ出場、しかも同じオーサー門下のハビエルもいないのでPさんの一人勝ちになるかと思いきや宇野くんがいた!!宇野くんvsPさん!!これは新展開!!無良さんも安定のスケカナ。オーサー門下からはシニアデビューのジュンファンが登場。同じくシニアGPデビューを飾るのはモストデンジャラスシニアことサマリンくん。コフトゥンはスランプから抜け出せたのか。ジェイソンもクワド無しとは言えどもSP90点台を叩き出せる選手なのでなかなか手強いです。優勝争いはPさんと宇野くん、表彰台争いはジェイソンと無良さんあたりでしょうか。シニアデビュー組がどう評価されるのかわかりませんね。ジュンファンはJGPF、サマリンくんはJGPFとJWで表彰台に乗ってるのである程度は評価されると思います。ジョリヘンとベセギエさんもいるよ。美青年の派遣はここのみとなりました。カナダ2人目はナドゥくんが来ると思いきやメッシングさんでした。TBDはー…ワールドランキング的にはロマンくんが来そうなんですけどね。フィルスさんもありえます。

さて、ここで現時点でのクワド早見表をご覧ください。
4T: ケリー、チャン、メッシング、ベセギエ、無良、宇野、コフトゥン、サマリン、ブラウン(?)
4S: ケリー、チャン、無良、チャ、コフトゥン
4Lo: 宇野
4F: 宇野

高難度クワドを跳ぶ宇野くんが圧倒的に有利ですが、プログラム……技術とコンポーネンツの完成度で勝負してくるPさんも負けてはいません。クワドジャンパーの割合はロステレコムと変わりませんが、難易度に関しては宇野くんの一人勝ちになっているのでハイパークワド大宇宙バトル激戦区…とは言えないでしょう。レジャイナは燃えるのか。

 

女子

アレーヌ・シャルトラン (CAN)
ケイトリン・オズモンド (CAN)
TBD (CAN)
ロリーヌ・ルカヴェリエ (FRA)
ロベルタ・ロデギエーロ (ITA)
本田真凜 (JPN)
本郷理華 (JPN)
ナヒョン・キム (KOR)
アンナ・ポゴリラヤ (RUS)
マリア・ソツコワ (RUS)
カレン・チェン (USA)
アシュリー・ワグナー (USA)

理華ちゃん昨季もスケカナだったような…。そ!し!て!!シニアデビューの真凜ちゃんが!!優勝候補はワールド2位のケイトリンですね。アーニャとアシュリーも優勝は充分狙えます。カレンと真凜ちゃんもミスしなければ表彰台に乗れる実力があります。ソツコワちゃんもそうだし、理華ちゃんも調子が戻ってきていれば同じく。完全に戦場です。アレーヌは昨季不調でケイトリンとギャビーの陰に隠れていた感じだったので、調子が戻ってきていれば上位に食い込めると思います。ロデギエーロさんもいるよ。ルカヴェリエさんが2戦貰えてる!ナヒョンは四大陸あたりでの怪我が心配です。治ってるといいんですけど…。そしてTBDですが、誰が来るんでしょうか…。サラちゃんはまだジュニアだと思うので、カナダ以外の選手も考えられます。

 

ペア

メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード (CAN)
リュボーフィ・イリュシェチキナ/ディラン・モスコヴィッチ (CAN)
TBD (CAN)
チェン・ペン/ヤン・ジン (CHN)
ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ (FRA)
アリオナ・サフチェンコ/ブリュノ・マッソ (GER)
ナターリヤ・ザビヤコ/アレクサンドル・エンベルト (RUS)
ヘイヴン・デニー/ブランドン・フレイジャー (USA)

優勝争いはデュハラド、サフマソでしょうね。ペンジン、ザビエン、イリモーはもちろん、全米チャンプのデニフレと最近力をつけてきているヴァネシプもどう出てくるかわかりません。そう、これは戦場…。すごい戦場…。

 

アイスダンス

キャロレーヌ・スシース/シャーン・フィルス (CAN)
テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア (CAN)
ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ (CAN)
カヴィタ・ローレンツ/ヨティ・ポリゾアキス (GER)
ナタリア・カリシェク/マクシム・スポディリエフ (POL)
アッラ・ロボダ/パーヴェル・ドロースト (RUS)
オリヴィア・スマート/アドリア・ディアス (ESP)
アリサ・アガフォノワ/アルペル・ウチャル (TUR)
ケイトリン・ホワイエク/ジャン=リュック・ベイカー (USA)
マディソン・ハベル/ザッカリー・ダナヒュー (USA)

すごくユーロ。テサモエの優勝はほぼ確定といっていいでしょうし、表彰台はウィーポとハベドノで争われますね。ロボドロがシニアデビューしますがどう評価されるか。

全カテゴリーで世界チャンピオンまたはワールド表彰台の選手が登場します。これは全カテでオーカナダを狙ってますね。果たしてそれは阻止されるのか。はたまたオーカナダな大会になるのか。カナダ…平穏そうな国なのに…