Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

ジュニアグランプリ2017 2戦目 オーストリア大会 女子フリー

女子FS

1位 アナスタシア・タラカノワ (ロシア) 130.00
2位 ウンス・リム (韓国) 121.55
3位 山下真瑚 (日本) 116.55
4位 アナスタシヤ・グバノワ (ロシア) 106.76
5位 スター・アンドリュース (アメリカ) 99.35
6位 岩野桃亜 (日本) 94.05
7位 アンジェリーナ・ファン (アメリカ) 92.42
8位 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (ドイツ) 90.61
9位 アニータ・オスルンド (スウェーデン) 89.82
10位 ポリーナ・ウスティンコワ (スイス) 89.05
11位 ロエナ・ヘンドリックス (ベルギー) 83.77
12位 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア) 82.20
13位 アレッシア・トルナーギ (イタリア) 78.63
14位 ジュリー・フレッチャー (フランス) 78.46
15位 クリステン・スポウルス (イギリス) 76.77
16位 ジユン・リー (韓国) 75.37
17位 シュテファニー・ペーゼンドルファー (オーストリア) 75.23
18位 グジデ・イルマク・バイール (トルコ) 73.23
19位 ラーラ・ロート (オーストリア) 71.57
20位 ゾフィア・シャラー (オーストリア) 67.33
21位 ユリア・ラング (ハンガリー) 66.65
22位 マヤ・ゴロニツキー (イスラエル) 63.91
23位 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (チェコ) 63.43
24位 ハナ・ツヴィヤノヴィッチ (クロアチア) 61.05
25位 サヤ・シェーペンス (オランダ) 53.72
26位 ヨセフィーネ・ケルスガールド (デンマーク) 49.94
27位 アメリア・サドラー (オーストラリア) 48.93
28位 マリアミ・メシュヴェリアニ (ジョージア) 47.07
29位 エリザヴェト・ムルダー=ストゥパキ (ギリシャ) 35.05

 

22 レア・ヨハナ・ダシュティヒ
3Lz2Tタケノコ 3F1Lo3S 3Lz 2A3T 3Lo 3Fタノfall 2A
後半のフリップが惜しかったです。安定してはいるんですけどPCSがなかなか伸びない。WSSは悲劇とはいえ楽しい曲なのでもう少し踊りにキレが出るといいんですけど…。

 

23 岩野桃亜
3F3T 3Lz 2A3T 2A 3Fso 3Lo2T2Lo 3S
ユーリャの愛はまごころみたいな衣装で星の王子様。スケーティングも良いですし、曲の演じ分けも素晴らしいので、これからが大いに期待できる選手なんですけど回転不足が…えぐいくらいに取られている…。スローで見ると目に見えるくらいのグリ降りでした。うーむ。PCSはそれなりに評価されているんですがね…。

 

24 アナスタシヤ・グバノワ
3Lz3T 3Lzfall 3Lo 2A 3F2T 2A 2S<<fall 
本当に美しい滑りをする選手なのに、ジャンプの空中姿勢など、技術に根本的な問題があるっぽいです。3Lz着氷後の3Tをつける前の手の動きも気になります。美しいジャンプも美しい演技のうちなので、問題のあるジャンプを見ると、ハッと元に世界に引き戻されてしまうんですね。本当に本当に勿体無い。現在エントリーもサブエントリーも外されてるので、次に見れるのはロシア国内戦でしょうか。

 

25 アニータ・オスルンド
3Lz 2F 3Lo 3T3Tso 2A1Lo 3S<< 2A1Lo3S
イェントルの「パパ、見守っていてください」。トゥルシンバエワのせかせかイェントルに慣れているのですが、動きはこのぐらいのが一番丁度良いんですよね。最後の最後に3連を綺麗にリカバリーする根性がすごい。しかもサードトリプルですよ。普通の選手ならダブルに抜けてましたもの。それだけ才能があるってことですよね。順調に育ってほしいな。

 

26 スター・アンドリュース
3A<<2ftot 3F3T 2A 1F 3Lz-2A 3S3T2Tタノ 3Lo2ft
白いキラキラの衣装がよく似合います。3Aを跳ぶのは予想していなかったのでびっくり。しかもダウングレードではあるものの転ばずに着氷。初挑戦でですよ。ホィットニーの歌声が若干BGMになっていましたが、ジュニアの選手なのでそこはご愛嬌。終盤の曲のクライマックスに3-3-2を入れてきました。多少の回転不足はありましたが、ものすごいポテンシャルを秘めている選手。彼女のこれからが本当に楽しみです。

 

27 ウンス・リム
3Lz3T 3F 2Ahand 3Lo 3Lz 3S2T2Lo 2A2T
非常にズンドコしてるダンスフロアミュージックですが、ウンスちゃんの場合は曲負け全然してないんですよ。小悪魔のような笑顔もそうですし、こういった表現が得意なんでしょうね。中盤のオブビリオンも素敵でした。体力が減っている終盤にテンポの速く激しいリベルタンゴなので、滑りが少し遅れていました。でも完成したらかなりの点数が出そう。しっかし昨季以上にスピードとジャンプの迫力がえげつねぇ…。

 

28 山下真瑚
3Lz3T2T 3F 3S 3Lz3T 2Afall 3Lo2T 2A
繊細で美しい蝶々夫人。真瑚ちゃんの伸びやかな滑りもよく活かされていると思います。昨季から表現面が大きく上達しましたね。これはお気に入りプログラムリスト入り決定ですわ。PCSはウンスちゃんより高いです。

 

29 アナスタシア・タラカノワ
3Lzタケノコ3T 3Lzタケノコ1Lo3S 3F2Tタノ 3Lo 3F 2A 2A
終盤に行くにつれ曲が盛り上がって行くプログラム。前半は、誰もいない戦場に風が吹いているような感じの静けさなんですけど、そこの表現にもっと磨きがかかれば素晴らしいプログラムに仕上がると思います。3連の後はもう彼女の舞台です。多少力任せというか、危なっかしさのある表現なんですけど、そこが後半の激しいパートに合っているんですよ。ロシアのジュニアでこんな、魂から叫び声をあげるような表現ができる子ははじめて見ました。とてもアグレッシブ、だがそれが最高にいい。

 

女子リザルト

1位 アナスタシア・タラカノワ (ロシア) 196.68
2位 ウンス・リム (韓国) 186.34
3位 山下真瑚 (日本) 181.04
4位 アナスタシヤ・グバノワ (ロシア) 160.75
5位 スター・アンドリュース (アメリカ) 159.28
6位 岩野桃亜 (日本) 147.99
7位 アニータ・オスルンド (スウェーデン) 144.78
8位 レア・ヨハナ・ダシュティヒ (ドイツ) 140.77
9位 ロエナ・ヘンドリックス (ベルギー) 135.54
10位 アンジェリーナ・ファン (アメリカ) 134.10
11位 ポリーナ・ウスティンコワ (スイス) 133.56
12位 シルヴィア・ヒュゲッチ (スロバキア) 128.69
13位 クリステン・スポウルス (イギリス) 125.31
14位 アレッシア・トルナーギ (イタリア) 124.51
15位 ジュリー・フレッチャー (フランス) 120.96
16位 シュテファニー・ペーゼンドルファー (オーストリア) 117.92
17位 ラーラ・ロート (オーストリア) 113.05
18位  ジユン・リー (韓国) 112.03
19位 ゾフィア・シャラー (オーストリア) 111.94
20位 グジデ・イルマク・バイール (トルコ) 111.72
21位 ミハエラ=ルシエ・ハンズリコワ (チェコ) 106.88
22位 ユリア・ラング (ハンガリー) 103.56
23位 マヤ・ゴロニツキー (イスラエル) 103.31
24位 サヤ・シェーペンス (オランダ) 90.63
25位 ハナ・ツヴィヤノヴィッチ (クロアチア) 89.80
26位 ヨセフィーネ・ケルスガールド (デンマーク) 83.34
27位 マリアミ・メシュヴェリアニ (ジョージア) 80.95
28位 アメリア・サドラー (オーストラリア) 76.35
29位 エリザヴェト・ムルダー=ストゥパキ (ギリシャ) 56.07

タラちゃんが優勝、ウンスちゃんが2位、真瑚ちゃんが3位です。たん様はなんとか順位を4位に上げました。スターちゃんも桃亜ちゃんも大健闘です。ウンスちゃんはロシアだらけのJGPF阻止要員になれるのか。それとも本当にロシアだらけのJGPFが実現するのか。次戦は我らが紀平さんが出場しますぞ。