Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

グランプリシリーズ2017 ロステレコム杯 男子ショート

遂に始まったー!

テレ朝OPは微妙。もっとカッコよくしてくれや。あと煽りとCMいらない。

 

男子SP
1位 ネイサン・チェン (アメリカ) 100.54
2位 羽生結弦 (日本) 94.85
3位 ドミトリー・アリエフ (ロシア) 88.77
4位 ミハイル・コリャダ (ロシア) 85.79
5位 ミーシャ・ジー (ウズベキスタン) 85.02
6位 デニス・ヴァシリエフス (ラトビア) 82.44
7位 ナム・ニューエン (カナダ) 80.74
8位 モリス・クヴィテラシヴィリ (ジョージア) 80.67
9位 アンドレイ・ラズキン (ロシア) 78.54
10位 デニス・テン (カザフスタン) 69.00
11位 グラント・ホックスタイン (アメリカ) 67.56
12位 ダニエル・サモヒン (イスラエル) 62.02

テレ朝よ、なぜ王子とモリスを放送しなかった。なぜディレイ放送にした。

 

1 アンドレイ・ラズキン
4T2T 3A / 3F
衣装を見たわたし「スペイン奇想曲とかかな」
バイオ「Once Upon a Time in Mexicoからマラゲーニャ」
わたし「???」
いやあ、衣装と曲のミスマッチ感が…。曲は終始エレキギターで演奏されてるんですからもっとワイルドでいいと思いますよ。演技も曲に合わず上品さがあって少し首を傾げてしまいます。なんだろう、このちょっとロックにハマってグレた王子感。エレメンツ前後の音に合わせた動きが良かったです。ステップもよく動けていました。うーん衣装をもっとワイルドにすれば印象も変わると思うんですけどね。

 

2 モリス・クヴィテラシヴィリ
3A 4S2T / 4Tfall
ルパンじゃん…と思った矢先にフィーリングッド。終わることのないブーブレ祭り。ロシアライストがなぜか後半から観客を映し始めたのでライブ観戦中はなんとも言えなかったのですが、転倒の後のステップでもよく動けていたと思います。確かにジョージアに移籍したけどエテリのもとで練習しているし、前までロシア代表だったから…いや、どうであれ演技途中に観客映すのはどうかと思うぞロシアストさん。モリス不憫すぎる。4Tはサルコウみたいに跳んでました。

 

3 デニス・テン
4Sshaky 4T2ftfall / 3Afall
慢性的な怪我を抱えての演技。五輪までに治って欲しいんですけどね…。いつの間にモロゾフからキャロルコーチの元へ戻っていました。2クワド構成にしてきました。ジャンプは決まりませんでしたが、滑り、特にステップがとても美しかったです。なんとか復調して欲しいんですけどね…。

 

4 ナム・ニューエン
4S3T 4Tfall / 3A
ダークで臨場感のあるオーバーザレインボー。衣装がPさんじみてる。ジャンプが決まらないと高得点が出ないので、一度でもミスがあると点数が大幅に下がってしまいます。ステップ中などの上半身の動きは良くなりましたが、やはりPCSがあまり伸びない。滑りが伸びていないので、そこを直したら大幅によくなると思うんですけどねー。

 

5 グラント・ホックスタイン
4Tfall 3Aso / 3Lz詰2T
ジャンプが残念でした。ムーランルージュと言えば赤か黒というイメージだったので、ロイヤルブルーの衣装は新鮮でした。ホックスタインさんの雄大な滑りとこの曲はとても合っていると思うので、クリーンなプログラムが見たいです。素晴らしきアメリカンスプレッドイーーーーーーーグル!もっと見たい!

 

6 ミーシャ・ジー
3A 3Lz3T / 3F
引退してなかったミーシャ。復刻アヴェマリアですね。どうしようもない苦しみから解放されたくて、天を見上げ聖母マリアに祈りを捧げるようなプログラム。3Aは回転が怪しかったですけど足りていました。ちゃんと曲の盛り上がりにステップを持ってきてるんですけど、曲の雰囲気を壊さないように盛り上がりすぎずにコントロールされていました。大きな歓声。どこへ行っても人気者ですね。

 

7 デニス・ヴァシリエフス
3Lz3T 3A詰 / 3F美
いや、古典的王子衣装なんて聞いてませんでしたけどラトデニくん。これはどういうことなんですか教えてステファン先生。今まではジャジーだったりSFチックなプログラムが多かったんですけど、オペラ曲まで滑れるようになったとは…ジュニアの頃から応援してきましたけど、本当に…いやあ…これだからフィギュアスケートっておもしろい。アクセルはクリーン判定でした。プログラム全体のフットワークが素晴らしいです。ステップではリンクを存分に使って、更に終盤の盛り上がりでのイーグル。This is 神プロ。

 

8 ドミトリー・アリエフ
3Lz3T 4T美 / 3Aなんとか
これは近代的な王子衣装!男子で仮面舞踏会は珍しい。ルッツは軸が曲がって咄嗟にトリプルに。アクセルはヒヤリとしましたが加点もついていました。ジーマといえばとにかく滑って後半バテバテになる演技なのですが、今回シニアに上がって改善されましたね。全然バテてない。現時点でもとても良いプログラムだと思うんですけど、もっとゴージャスさや華麗な舞踏会の雰囲気が出せたら更に良くなると思います。シーズン後半にはどうなっているのか楽しみです。

 

9 ダニエル・サモヒン
4Sso 3Aso / 2T
期待を裏切らない衣装。音響アクシデントからスタート。そのせいかミスが目立って、うーんとしか。もともとジャンプに波がある選手なのですが、今回はスピンのトラベリングやステップでの躓きなど全体的にミスが多かったです。選手である以上トラブルの対応力も求められると思うんですけど、特にシニアの主要大会での音響ミスはあってはならないものです。大逆転で世界ジュニアを制した選手でもあるので、フリーでは気を取り直して挑んで欲しいです。

 

10 ネイサン・チェン
4Lz3T / 4Fshaky 3Ashaky
昨季はバレエの動きを中心としたプログラムだったんですけど、今回はモダンなダンスの動きを取り入れています。ネイサンのかっこよさが存分に発揮されていますね。そりゃ日本のファンも叫び出しますわ。後半に4Fというスーパー宇宙人構成。フリップもアクセルも危ない着氷でしたがそれでもTES58点。激しい動きのステップでしたが、それも難なくこなしていました。素晴らしい。うおおおおおおGP初戦から100点wwwミスがあっても100点wwwwwwこれはすごいwwwwwwネイサン…恐ろしい子……!!

 

11 ミハイル・コリャダ
3Lz 4Tso / 3A
古典的なモーツァルトのピアノ協奏曲ですが、タンゴアレンジも交えてコリャダらしく仕上がっていると思います。ユニークな動きの中に哀愁が漂っているんですけど、ステップは落ち着きの中に情熱が見えて、こう…癖のあるプログラム。コンボが入らなくても80点台が出ました。

 

12 羽生結弦
4Loot / 3A 4T3Tfall
ミスが続いてしまいましたが、抜けがなかっただけGP初戦の羽生さん比で良かったと思います。彼は昨シーズンの世界選手権のようにフリーで巻き返す方が良い結果が出ることが多いので、焦る必要はありません。日本からも勿論ですが、中国からのファンが多く来ていたので、2015ワールド並みのプーさんの海になっていました。最終滑走でよかったぜ。観客席を見るとプーさんのオールインワンを着たりプーさんの耳カチューシャを付けたりしている人が多くいて、少し妙な気持ちになりました。アスリートの試合であって、アイドルのコンサートじゃないんですから。まあ、フィギュアスケート観戦にオペラ/ミュージカル観劇のようなドレスコードはないのでなんとも言えませんが。94点台に乗りましたね。なかなかいいスタートだと思いますよ。

 

羽生さんの4LoはUR判定でした。殿下はクワド両方とも刺さっていました。
勝負のフリーは今夜7時から放送ですがどうせ最初の30分はスーパー煽りタイムなのでライストで見ることにしましょう。テレ朝に無駄な期待を寄せてはいけない。