Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

スケートカナダの個人的見どころ

今週も一応は試験期間なのでロステレのフリーの感想が書けてません。結果は知ってますよ!演技も見ました!
秋休みに入ったので一週間ゆっくりスケート観れるので一気に更新したいです。

 

男子

1 ブレンダン・ケリー (オーストラリア)
2 ヨリック・ヘンドリックス (ベルギー)
3 パトリック・チャン (カナダ)
4 キーガン・メッシング (カナダ)
5 ニコラ・ナドゥ (カナダ)
6 ミハル・ブレジナ (チェコ)
7 パウル・フェンツ (ドイツ)
8 無良崇人 (日本)
9 宇野昌磨 (日本)
10 ジュンファン・チャ (韓国)
11 アレクサンドル・サマリン (ロシア)
12 ジェイソン・ブラウン (アメリカ)

コフトゥンが怪我(?)で、ベセギエさんは病気でOUT。ミハルとフェンツさんがINしました。ロシアはサマリンくん一人だけの派遣となりました。TBDにはナドゥくん。フリーは持ち越しエルビスです。大自爆さえしなければPCSで稼げる選手ですが、クワドがないのが弱点でしょうか。それとも入れてくるのか。怪我明けジュンファンとサマリンくんの評価がどうなるか気になります。大まかな戦況は宇野くんvsPさんで変わりなさそうですね。宇野くんはロンバルディア杯でいきなり300超えを果たし、構成も昨季より上げて来ていますが、JOでは不調気味。反面Pさんは4Sを抜き完成度重視で行くそう。無良さんは練習で不安を残しましたが、本番でどれだけやってくれるか。フリーは復刻オペラ座改です。

クワド早見表
4T: ケリー、チャン、メッシング、フェンツ、無良、宇野、サマリン、ブラウン(?)
4S: ケリー、ブレジナ、宇野、チャ、サマリン(?)、ブラウン(?)
4Lo: 宇野
4F: 宇野

噂によればジェイソンがクワド投入という話ですが、まだわかりませんね。今回は完成度や芸術性を重視した選手が多いので、クワドバトル激戦区ではありません。多種クワドの宇野くんが一人勝ちしています。

 

女子

1 カイラニ・クレイン (オーストラリア)
2 ラーキン・オーストマン (カナダ)
3 アレーヌ・シャルトラン (カナダ)
4 ケイトリン・オズモンド (カナダ)
5 ロリーヌ・ルカヴェリエ (フランス)
6 本田真凛 (日本)
7 本郷理華 (日本)
8 アンナ・ポゴリラヤ (ロシア)
9 マリア・ソツコワ (ロシア)
10 カレン・チェン (アメリカ)
11 コートニー・ヒックス (アメリカ)
12 アシュリー・ワグナー (アメリカ)

TBDは確かナショナル4位(?)のオーストマンさんに。ロデギエーロさんとナヒョンがOUT、そしてカイラニとコートニーがIN。カイラニにとっては初めてのグランプリシリーズです。オズモンドの1位はFSで大自爆さえしなければ固いでしょう。今回のロシア勢はあまり読めません。アーニャはメンタル面でヘルシンキワールドのFSを引きずっており、国内大会も腰痛でFSを棄権。練習では調子は悪くなさそうでしたが絶好調とも言えず。タノ族になったソツコワちゃんは好調ですがフリップとルッツをパネルがどう見るかで結果が左右されそうです。アメ女も回転不足が課題。カレンはFSをカルメンから別のに変更してからの初試合です。シニアデビューの真凛ちゃん、これはミスをしなければ表彰台狙えそうじゃないですか?理華ちゃんもノーミスでもパネルがジャンプをどう見るかで、結果が左右されます。ネペラ杯ではメドちゃんに次いで2位でしたがセカンドサードは全て刺さっていました。昨季の嫌な感じを払拭する演技ができるといいんですけど…。

 

ペア

1 メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード (カナダ)
2 リュボーフィ・イリュシェチキナ/ディラン・モスコヴィッチ (カナダ)
3 シドニー・コロジエイ/マキシム・ドゥシャンプス (カナダ)
4 チェン・ペン/ヤン・ジン (中国)
5 ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ (フランス)
6 アリオナ・サフチェンコ/ブリュノ・マッソー (ドイツ)
7 ナターリア・ザビアコ/アレクサンドル・エンベルト (ロシア)
8 ヘイヴン・デニー/ブランドン・フレイジャー (アメリカ)

こちらはTBDのカップルが決まった以外にエントリーに変わりはありません。デュハラドvsサフマソの構図だと思ってましたがデュハラドはラドフォードさんの怪我明けということでサフマソがやや有利です。わたしはヴァネシプの台乗りに期待しているのですが、ペンジンやザビエンも強いので本当に読めない。

 

アイスダンス

1 キャロレーヌ・スシース/シェーン・フィルス (カナダ)
2 テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア (カナダ)
3 ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ (カナダ)
4 カヴィタ・ローレンツ/ヨティ・ポリゾアキス (ドイツ)
5 ナタリア・カリシェク/マキシム・スポディリエフ (ポーランド)
6 アッラ・ロボダ/パーヴェル・ドロースト (ロシア)
7 オリヴィア・スマート/アドリア・ディアス (スペイン)
8 アリサ・アガフォノワ/アルペル・ウチャル (トルコ)
9 ケイトリン・ホワイエク/ジャン=リュック・ベイカー (アメリカ)
10 マディソン・ハベル/ザッカリー・ダナヒュー (アメリカ)

こちらも変更なし。よって優勝候補などの変わりもなし。テサモエのFDはムーランルージュだということ。ホワベイも神プロ愛の夢継続ということでものすごく楽しみですね。わたしはネーベルで3位だったカヴィタ&ヨティにも注目しています。

 

男女シングルの入れ替わりが激しいですね。オーカナダ狙い変わらずですが。オーカナダ、阻止なるか。