Platinum Medal

フィギュアスケートとその他いろいろ

グランプリシリーズ2017 ロステレコム杯 男子フリー

男子FS

1位 羽生結弦 (日本) 195.92
2位 ネイサン・チェン (アメリカ) 193.25
3位 ミハイル・コリャダ (ロシア) 185.23
4位 ミーシャ・ジー (ウズベキスタン) 170.31
5位 モリス・クヴィテラシヴィリ (ジョージア) 169.59
6位 ナム・ニューエン (カナダ) 157.21
7位 ドミトリー・アリエフ (ロシア) 150.84
8位 デニス・テン (カザフスタン) 145.35
9位 デニス・ヴァシリエフス (ラトビア) 145.09
10位 グラント・ホックスタイン (アメリカ) 138.53
11位 アンドレイ・ラズキン (ロシア) 133.60
12位 ダニエル・サモヒン (イスラエル) 121.77

 

1 デニス・テン
4Sshaky 4T2ft 3A美 / 3S 1A2T 3Lo 3T 2A
近未来の闇に潜むスパイ戦士みたいな衣装。クワドがなかなか決まりません。怪我を抱えているなら、ひとまずジャンプはトリプルにして治ったらクワドを投入する戦略の方が点数が稼げる気がするんですけど、それでもクワドを入れて来るところに五輪銅メダリストの意地を感じます。でもフリップとルッツは避けていました。リスクはこちらの方が高いっぽいですね。殿下はプログラムの全ての動きが一つになっているのが素晴らしいですよね。もちろん羽生さんなどのトップ選手もそうなんですけど、殿下の場合はまた違う何かを感じるんですよね。言葉では表せませんが、動きを点にするなら、それが線になって曲線を描き立体的な形になっている…的な。力強さ、情熱、静けさ、軽やかさなどがちゃんと音楽に合っていて出るべきところに出るようにとコントロールされているように思いました。完全に復調して、殿下の完成したプログラムがまた見たいです。

 

2 ダニエル・サモヒン
4Tshaky 4Sfall 3Afall / 1A 3Lz2T 3Lzso 1Lo 2Aso
羽生さんのバラ1みたいな衣装。サモヒンくんのまともな衣装おかえり。ジャンプのコントロールが全く効いていません。ここが絶不調でこれ以上下がることはないと思いたいです。五輪までにジャンプを戻してくれるといいのですが。

 

3 グラント・ホックスタイン
4Tfall 3Ashaky 3T / 3Afall 3Lz1Lo3S 3Lo 3F2T() 3T2T()
オペラ座きたー!ホックスタインさんもジャンプが決まらず。後半は立て直して来ましたね。素敵なプログラムになる予感しかしないんですがね…ChSqとか素晴らしいですよ。ハイライトにスーパーアメリカンスプレッドイーグルタイムですから。

 

4 アンドレイ・ラズキン
4Tfall 4T2T 3Aot-2A 3Afall / 3F2T2Lo 2Lz 3Lo 3S 
素晴らしき王子の仮面舞踏会。誰か今すぐリーザ姫を呼ぶんだ!!にして足が細すぎやしません?よくこれでクワド飛べますね。折れそうですよ王子お肉食べてください。決まったジャンプとミスったジャンプが半々。もうちょっと仮面舞踏会のゴージャスな雰囲気を出して欲しかった。

 

5 モリス・クヴィテラシヴィリ
3A美 4S 4T3T / 4Sso 3F2T 3Lo 3Fshaky 2A1Lo3S 
衣装がよくわからんぞモリモリ。4Tを4Sのように跳ぶから見分けがつかないぞモリモリ。ほぼノーミスでした。やったねモリモリ。TESは90を超えています。これは欧州選手権などの表彰台も狙えそうです。

 

6 ナム・ニューエン
4T 4Sfall 3A / 2S 3A3T 3Lo 3F2T2Lo) 3Lz3T
ベトナム系カナダ人が滑るパリのアメリカ人 in ロシア。コミカルな曲だけではなく、中盤のバラード調の曲も滑れるようになったのは良かったですね。サルコウが決まりませんでしたが、それ以外はなかなか良かったのではないでしょうか?

 

7 ミーシャ・ジー
3A1Lo3S 3A 3F / 3Lz3T 3Lz 3Lo 2A2T 2A 
ジャンプは全てクリーンでした。わたしは昨季のジャンプを全て決めた先でのクライマックスChSqのパドゥドゥが好きだったのですが、今期のタイスの瞑想曲も良いですね。常に静かな曲なのですが、終盤の少し盛り上がる部分にChSqを持って来ていて、振り付けも曲の雰囲気を壊していません。

 

8 ミハイル・コリャダ
4Lzfall 4Sfall 3A / 4T3T 3A2T 3Lz1Lo3S 3Lo 3Lzfall
今週のプレスリーメドレー。3コケでもTES100のハイスコア出ました。それだけノーミスなら高得点が狙えるということです。StSqやChSqのキレが良かったですね。んんーノーミスで見たいよプレスリー

 

9 デニス・ヴァシリエフス
3Ashaky 4T<< 3Afall / 3Lo 3Lz3T 2A 3F 3Lz1Lo3S
夜のシャレオツなBARで黒ドレスのいい女と一緒にカクテル飲んでるぜ系プログラム。ランビ先生も滑れそう。ジャンプは上出来とは言えませんでしたが、StSqや後半のSwayでのノリっぷりは流石です。ChSqが素晴らしい。

 

10 ドミトリー・アリエフ
4Lz 3F 4T3T / 4Tfall 3Afall 3Lo1Lo3S 3Afall 3Lz
ふっつうううううううに4Lz降りた。タラソワ先生大歓喜。前半の表現はとても素敵だったのですが、やはり後半はジャンプと助走ばかり。ジャンプが決まらないとさらにキツい。ジーマはスタミナが課題。お肉食べよ。

 

11 羽生結弦
4Lz 3Lo 3F美 / 4Sot 2T 4T3T 3A2T美 3A
うわああああああ4Lz降りたああああああループがああああああサルコウがああトウループがああああああふう。GP初戦にしてはいい出来だったと思います。やはり2年前のGPFと比べると勢いが足りません。まあ当たり前なんですけどね。構成はもちろんですが。ステップにもマイナーチェンジがあって、2シーズン前とはまた一味違うプログラムに仕上がっています。ミスがあってもTES100点越え。プーさんの海すごい。やはり中国からのファンが多いんですね。まるでアイドルのコンサートのようにプーさん耳を付けるのはちょっとどうかと思いますが。観戦マナー的にもあまり頂けないかと。例のちびっ子、ぐいぐい来ますね。度胸あるね、大物になりそう。

 

12 ネイサン・チェン
4Lz3T 4F 4S / 4T2T2Lo 2T 3Aso 3A2T*so 3Lz美
アウェーの中~~クワドが~~~どんどん決まる~~~あああああ2Tザヤった…。ネイサン、今季だけで3回目くらいですよ。オリエンタルな音楽なんですけど、それに合わせてシャツがひらひら~って靡くのが最高なんですよね。バレエの動きも昨季よりもっとインプルーブされてて、美しいのにどこか怪げな雰囲気を感じるプログラム。そう…これは…最高……。昨季の4CCのFS「ダッタン人の踊り」を見てネイサン沼に落ちたんですがこれは…素晴らしい。リピ必修ですわ。完成版が楽しみです。
ラファコーチめっちゃくちゃ嬉しそう。

ところで他選手が推し選手よりいい演技したからって泣くのはいただけないぞ…悲しいのはわかるけどネイサンに対してディスリスペクトフルだよ。

 

男子リザルト

1位 ネイサン・チェン (アメリカ) 293.79
2位 羽生結弦 (日本) 290.77
3位 ミハイル・コリャダ (ロシア) 271.06
4位 ミーシャ・ジー (ウズベキスタン) 255.33
5位 モリス・クヴィテラシヴィリ (ジョージア) 250.26
6位 ドミトリー・アリエフ (ロシア) 239.61
7位 ナム・ニューエン (カナダ) 238.45
8位 デニス・ヴァシリエフス (ラトビア) 227.53
9位 デニス・テン (カザフスタン) 214.35
10位 アンドレイ・ラズキン (ロシア) 212.14
11位 グラント・ホックスタイン (アメリカ) 206.09
12位 ダニエル・サモヒン (イスラエル) 183.79

FSは羽生さんが制したもののネイサンが合計で勝利。コリャダはこれがGP初表彰台です。ミーシャはSP、FSでノーミスで4位。モリモリも追い上げ5位。ミスが続いた若手達は下位の方に下がってしまいました。これがシニアのGPSです。
ファイナルはネイサンが一歩リードしましたね。